『VR ZONE SHINJUKU』ネイキッドの最先端アートで、時間や季節によって変化する新しい施設演出を実現

筆者: 編集部

株式会社ネイキッドは、株式会社バンダイナムコエンターテインメントが7月14日(金)から期間限定でオープンするエンターテインメント施設『VR ZONE SHINJUKU』にて、時間や季節によって変化していくエンターテインメント性ある施設演出として、プロジェクションマッピングを使った施設外壁ファサードのデザイン・演出、施設内にあるセンターコアエリアのパブリックスペースの空間演出を手がけます。
 
新宿のシネシティ広場に面した『VR ZONE SHINJUKU』の立地を踏まえ、施設前面の外壁を使った照明とプロジェクションマッピングが「広場の顔」となるような演出を展開します。また外壁演出ではバンダイナムコグループを代表するキャラクター「パックマン」が、世代や国を超えた新宿の新たなシンボルキャラクターとして登場します。
 
sub1
 
sub2
 
参照元:ネイキッドの最先端アートで、時間や季節によって変化する新しい施設演出を実現
 

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー