株式会社インタラクティブブレインズがVR+コミュニティ事業を開始しました

筆者: 編集部

株式会社インタラクティブブレインズが、主にVR+コミュニティ事業分野において株式会社ワンオブゼムと共同で事業を開始するため、共同事業契約を締結いたしました。
 
株式会社インタラクティブブレインズが開発し、「Kinematic VRソリューション」を活用したサービス「VRounge」は、2017年6月21日(水)~23日(金)に開催された「第25回 3D&バーチャル リアリティ展(IVR)」でも出展されていた、出演者に特別な装置を装着してもらうことなく、身体の動きをそのまま取り込んでVR空間内に登場させ、遠隔地でも「VR空間内で体験を共有」できるサービスです。
 
体験者はネットワークを通じて空間を共有し、出演者とのリアルタイムコミュニケーションを行うことができます。また、その様子はそのままVRストリーミングによってリアルタイムに世界中へその体験を共有することもできます。
 
「3Dアバター」「ソーシャルゲーム」「カメラアプリ」の制作を行なっているインタラクティブブレインズは、大手SNSにも導入されている3Dレンダリングシステム等の独自性の高い技術力という強みを持っており、今後もスマートフォン向けの人と人とのコミュニケーションを豊かにするサービスの提供に期待されています。
 

社名: 株式会社インタラクティブブレインズ
URL: http://www.ibrains.co.jp/

 
参照元:社外取締役就任 及び VR+コミュニティ事業開始のお知らせ

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー