近鉄不動産初!マンションのモデルルームに 「VR体感ルーム」を設置

筆者: 編集部

近鉄不動産株式会社は、名古屋市昭和区滝川町で分譲を予定している「ローレルコート滝川町ヒルズ」の販売拠点「いりなかローレルギャラリー」内において、2017年9月からVRプレゼンテーションを開始すると発表しました。
 

img_133975_3

マンションギャラリー内の「VR体感ルーム」で室内を歩くことで、専有部や共用部、カラーセレクト体験、上層階からの眺望など、リアルな竣工後の様子を伝えることを目的としています。
 
また、「VR体感ルーム」では、素材を差し替えるなど、最小限の改装で新規物件のプレゼンテーションが可能です。
 

【ローレルコート滝川町ヒルズ物件概要】
総戸数:16戸
構造・規模:RC造地上4階、地下1階建て
竣工時期:2018年1月下旬(予定)
入居時期:2018年3月下旬(予定)
専有面積:64.08m2~108.01平方メートル(トランクルーム面積含む)
間取り:2LDK・3LDK

 
参照元:近鉄不動産初!マンションのモデルルームに 「VR(仮想現実)体感ルーム」を設置

Like@Wrap
Follow@Wrap