KDDIとKDDI総合研究所、カラオケ店舗で楽しめるVRサービス「KDDI カラオケVR」を提供開始

筆者: 編集部

KDDIは、2017年8月22日より、カラオケ店舗でお楽しみいただけるVRサービス「KDDI カラオケVR」の提供を開始します。2016年10月から11月に行った実証事業を経て、今回商用サービスとしての正式提供となります。
 
第1弾として、全国にカラオケ店舗展開する株式会社スタンダードと連携し、JOYSOUND品川港南口店でサービスを開始します。対象店舗は随時拡大していく予定です。
 
「KDDI カラオケVR」とは
「KDDI カラオケVR」とは、専用のVR機器がなくても「KDDI カラオケVR」導入カラオケ店舗であれば、気軽に本格的なVRを楽しむことができるサービスです。
 
「ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-」、ホラーコンテンツ「怨みの村」などのさまざまなVRコンテンツをラインアップし、今後も毎月更新・追加していきます。
 
2017年9月には、「自由視点VR」技術を活用した「マジカル・パンチライン」の新曲「パレードは続く」のVRコンテンツを提供予定です。
 
参照元:KDDIとKDDI総合研究所、カラオケ店舗で楽しめるVRサービス「KDDI カラオケVR」を提供開始

Like@Wrap
Follow@Wrap