東急建設、「VRゲームテクノロジーを活用した体験型安全衛生教育システム」を開発

筆者: 編集部

東急建設株式会社は、建設現場の災害事故撲滅を目指し、株式会社バンダイナムコスタジオの技術支援の下、「VRゲームテクノロジーを活用した体験型安全衛生教育システム」を開発しました。
 
このシステムでは、体験者がVR空間内で様々な災害事故の発生過程を疑似体験することにより、災害事故に繋がる原因を考え、災害事故発生防止のために自らがどのように行動すれば良いのかを学習することを目的としています。
 
体験者はVR空間の建設現場において実際に手足を動かす作業を行いながら、没入感をもって学習することができます。
 
なお、このシステムは持ち運びが可能で、現場事務所の会議室などを使用して教育を行うことが可能です。
 
無題のプレゼンテーション (1)
 
参照元:東急建設、「VRゲームテクノロジーを活用した体験型安全衛生教育システム」を開発

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー