クーバル、VR制作ソフト『3D Stylee』の販売を開始。VRコンテンツによる物件内覧サービス

筆者: 編集部

(画像引用元:CooRE
 
業務支援プラットフォームサービス『CooRE(クール)』を提供するクーバル株式会社(以下「クーバル」)は、VR制作ソフト『3D Stylee』を提供する株式会社エフマイナー(以下「エフマイナー」)と、『3D Stylee』に関するセールスパートナー契約を2017年7月21日付で締結しました。
 
『3D Stylee』は、『RICOH THETA(R) S』などの360度カメラで撮影した写真を、WEB上で編集・加工を行うことで、VRコンテンツの制作が可能なサービスです。
 
VR技術は、従来画像と比べて飛躍的に臨場感を得られ、不動産業務との親和性が非常に高いものとなっています。不動産事業者においてはこれまでになかった体験をエンドユーザーに提供できるほか、反響率の向上や物件案内時の工数削減などが期待できます。
 
今回の販売提携は、直感操作可能なUIや低価格であるという新しいツールの魅力と、クーバルが開発する不動産ホームページプラットフォーム『CooRE』との強力な連携、また双方の販売チャネルが相乗効果を生み、互いの企業成長に寄与することを目的としています。
 
参照元:クーバル、VR制作ソフト『3D Stylee』の販売を開始  VRコンテンツによる物件内覧サービスにより接客業務がスマートに

Like@Wrap
Follow@Wrap