大日本印刷、ピクセルスムージングフィルム「DNP ヘッドマウントディスプレイ用画素隠蔽フィルム」を開発

筆者: 編集部

大日本印刷株式会社(以下、DNP)は、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の画質を改善して、映像へのリアルな没入感を高めるピクセルスムージングフィルム「DNP ヘッドマウントディスプレイ用画素隠蔽フィルム」を開発しました。
 
今回DNPが開発したフィルムは、微細な加工を施した2層レンズにより3色の色領域のさまざまなパターンの配列に対応することが可能で、画質改善における設計の自由度が高まります。
 
本フィルムは、DNP独自のレンズ設計・微細加工技術により、ディスプレーの構成やRGBの各色領域の配置形状に合わせた最適な光の制御が可能であり、専用ディスプレーを搭載したタイプと、スマートフォンなどのモバイル機器を装着するタイプの両方のHMDに組み込むことができます。
 
参照元:大日本印刷、ピクセルスムージングフィルム「DNP ヘッドマウントディスプレイ用画素隠蔽フィルム」を開発

Like@Wrap
Follow@Wrap