ナディアと読売新聞社、「新しいコミュニケーション創出」で資本・業務提携

筆者: 編集部

株式会社ナディア(以下、ナディア)と株式会社読売新聞東京本社(以下、読売新聞社)は、メディアやイベントにおける戦略的xR技術(VR/AR/MR)の活用推進に関して資本・業務提携の契約を締結したと発表しました。

xR技術とは
xRとは、CGで現実にはない仮想体験をするVR、実写の現実世界にCGをミックスするAR、VRとARを複合的に利用した技術であるMRの技術分野を総称した呼び方です。

読売新聞社の豊富なコンテンツに、ナディアの幅広いデジタル制作実績とxR技術における総合的な開発能力を活用することで、新たなデジタル事業の加速化を図るとしていて、特に、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、スポーツ・イベント分野におけるxR技術の戦略的活用と、既存メディアの価値向上を実現し、収益性の高い新サービスの開発を目指すそうです。

参照元:ナディアと読売新聞社、「新しいコミュニケーション創出」で資本・業務提携

Like@Wrap
Follow@Wrap