VR開発のCynack、VR/ARに向けた最も簡易的な新マークアップ言語OMLをオープンフォーマットで公開

筆者: 編集部

Cynack株式会社(以下、Cynack)は、VR/ARでの閲覧に最適な3D情報を表記するための最も簡易的な新マークアップ言語、「Object Markup Language(以下、OML)」を技術者向けにオープンフォーマットにて公開しました。

また、Cloud上で動作するチュートリアル開発環境と作成したファイルを閲覧できるViewerも合わせて提供します。

「OML」とは
「OML」は、JSONをベースとしたフォーマットで、現状登録されている立方体、円柱、球、平面、文字などの基本的なオブジェクトに加え、音声ファイルや3Dモデルを読み込んでオブジェクトとして使用することが可能になります。

それらのオブジェクトに様々なプロパティを追加して、3D空間内での表現の幅を広げることも可能です。

OMLドキュメント: http://oml.cynack.com/document

なお、技術の概要を把握できるようCloud上のチュートリアル開発環境もリリースしました。

参照元:VR開発のCynack、VR/ARに向けた最も簡易的な3次元情報の表記に特化した新マークアップ言語OMLをオープンフォーマットで公開

Like@Wrap
Follow@Wrap