イオンファンタジーとグリー、 世界初アミューズメント施設専用 子ども向けVRゲーム3機種を開発  「未来をあそぼ。ファンタジープロジェクト」始動

筆者: 編集部

株式会社イオンファンタジーとグリー株式会社は、世界初のアミューズメント施設専用子ども向けVRゲーム3機種を開発し、2018年に日本と中国のモーリーファンタジー300店舗(日本200店舗、中国100店舗)で展開します。

3機種のVRゲームは2018年春登場予定の「VRぶっとび!バズーカ」「VRどっかん!ブロック」、及び同年夏登場予定の「VRびっくり!スライダー」です。

本VR機器の特徴
・子どももVRで遊べるオリジナル単眼HMD「VRメット」を新規開発
・低コストオペレーションを実現

参照元:イオンファンタジーとグリー、 世界初アミューズメント施設専用 子ども向けVRゲーム3機種を開発  「未来をあそぼ。ファンタジープロジェクト」始動

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー