TYFFON Inc.が100万ドルの資金調達を実施

筆者: 編集部

米ウォルト・ディズニーの出資先でもあるTyffon Inc.(以下、Tyffon)は、Akatsuki Entertainment Technology Fund (運用会社:株式会社アカツキ)とインキュベイトファンドより、総額100万ドルを資金調達しました。

Tyffonは、最新テクノロジーを活用した新しい形のエンターテイメントを創出する企業です。

2012年にスマートフォン向けセルフィーアプリ「ゾンビブース2」をリリースし、2014年に米ウォルト・ディズニーのインキュベーションプログラムである「ディズニーアクセレーター」の第1回プログラムに選出され、シード投資を受けています。

本年はTBS主催の参加型イベント「デリシャカス」において、通常のVRを超えた”新しい感覚”と”圧倒的没入感”が特徴の複合現実お化け屋敷「Magic-Reality: Corridor」のテスト展開をおこない、多くの反響を得ました。

本出資を受け、今後は国内の商業施設などを中心に次世代テーマパークとしてのMRシアター「TYFFONIUM」を展開していくほか、海外展開を視野に入れ世界中の人々に記憶に残る体験を提供しいくとしています。

参照元:TYFFON Inc.が100万ドルの資金調達を実施

Like@Wrap
Follow@Wrap