仙石原の公益財団法人ポーラ美術振興財団ポーラ美術館でクロード・モネ絵画作品「睡蓮の池」へのVR没入体験が可能に

筆者: 編集部

株式会社JTB情報システムは、ICTを活用した新規事業として美術館向けのVR導入サービスを開始します。このサービスにおけるコンテンツ開発は株式会社キャドセンター、VR体験チケットの販売は株式会社JTB国内旅行企画によって実現したサービスであり、美術館や博物館の観光にVRを導入し、新たな体験型のサービスの提供を行います。

第一弾は、開館15周年をむかえる箱根町・仙石原の公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館にて、クロード・モネ誕生月の特別企画イベントとして実施されます。ポーラ美術館所蔵のクロード・モネ「睡蓮の池」の絵画を、VRを通して見ることで、自身が「睡蓮の池」に浮かんでいるかのような錯覚に浸り、画家クロード・モネの世界観と、「睡蓮の池」の絵画への没入感を体験することができます。

 ポーラ美術館特別入場券(VR体験付)を10月24日(火)よりJTBホームページおよびJTB各店舗にて、販売を開始します。

参照元:クロード・モネ絵画作品「睡蓮の池」へのVR没入体験  ポーラ美術館 クロード・モネ 誕生月特別企画イベント チケット発売

Like@Wrap
Follow@Wrap