三菱電機、稲沢製作所内に据付技術者の育成を強化するための昇降機据付実習棟を建設

筆者: 編集部

三菱電機株式会社は、昇降機製造拠点のマザー工場である稲沢製作所内に、据付技術者の育成を強化するための昇降機据付実習棟を建設します。

2018年10月に稼働開始予定で、2020年度までに国内の新設据付技術者数1,000人、海外の据付指導者350人を目指します。

これにより、グローバルで需要の増加する昇降機の据付品質を向上させ、さらに安心・安全、快適なエレベーターを提供していくとしています。

主な設備:据付実習用昇降路/実習用エレベーター/特別安全教育施設(危険体感設備)

今回建設される据付実習棟では、VR・AR技術を取り入れた研修も行われ、安全意識をさらに高め利用者安全・作業者安全を志向した据付技術者の早期育成と据付品質の強化を図るようです。

参照元:三菱電機、稲沢製作所内に据付技術者の育成を強化するための昇降機据付実習棟を建設

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー