ファーウェイ、クラウドを介したVRサービスの発展などVRオープンラボを軸とした産業間協業の計画を発表

筆者: 編集部

ファーウェイは、「ウルトラブロードバンドフォーラム 2017」(10月17日~19日、中国・杭州)において、クラウドを介したVRサービスの発展、技術革新の促進、ビジネスシナリオの創出、包括的な産業エコシステムの構築に向けて、VRオープンラボを軸とした産業間協業に関する計画を発表しました。

今回発表した産業間協業の計画は、クラウドVRサービスに関わる上流と下流のパートナーが産業発展への道筋をともに探求できるよう支援することを目指し、通信事業者のサービス実現に注力するものです。産業間での協業により、VRオープンラボはエコシステムのシームレスな橋渡しを行い、市場でのVRの普及を促進していきます。

ファーウェイは、今回の産業間協業計画の提唱者として、同社のiLabをベースに1,000平方メートルにおよぶラボスペース、エンドツーエンドのネットワーク機器、さらには多数の専門スタッフを提供し、共同イノベーションに向けて産業パートナーと連携し、ビジネスの成功を促進します。現在、すでに30社のパートナーがVRオープンラボを通じた産業間協業に参加しています。

参照元:ファーウェイ、VRオープンラボを軸とした産業間協業の計画を発表

Like@Wrap
Follow@Wrap