「MURCアクセラレータLEAP OVER」第1期生の企業にsilvereyeが採択。地方創生、都市課題解決を目指す。

筆者: 編集部

VRプラットホーム「ev channel」を展開するsilvereye株式会社(以下、silvereye)は、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(以下、MURC)主催の「MURCアクセラレータLEAP OVER」にて地方創生、都市課題解決をVR/AR/MRで目指す企画を提案し、第1期生の企業として採択、支援プログラムを受けることが決定しました。

silvereyeは2018年2月末に開催される成果発表会「LEAP DAY」までの期間で、ビジネスマッチングおよび具体的な事業化に向けた取り組みを共に行っていくとしています。

「MURCアクセラレータLEAP OVER」概要
「MURCアクセラレータLEAP OVER」では、テクノロジーの活用で社会課題を解決するビジネスを対象としています。

採択されたスタートアップは、革新的なビジネスの立ち上げを加速させるための約4か月の集中プログラムが提供されます。

プログラム期間中、ビジネス立ち上げの専門家、新事業開発、経営戦略等に専門性を持つメンター陣による事業化に向けたサポートが行われ、大手企業との事業連携や出資などを検討されます。

参照元:「MURCアクセラレータLEAP OVER」の第1期生の企業にsilvereyeが採択。地方創生、都市課題解決をVR/AR/MRで目指す。

Like@Wrap
Follow@Wrap