『異色肌ギャル』が VR で大暴れ!?「VR ZONE SHINJUKU」に降臨!

筆者: 編集部

株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、「VR ZONE SHINJUKU」にて、「異色」をテーマにした様々な企画、イベントを11月24日(金)より実施しています。

インスタ映えするフォトジェニックなフォトスポットやフードメニューの展開に加え、12月16日(土)~12月31日(日)の間、来場者全員※に『異色肌ギャル』がデザインしたフォトプロップスをプレゼントするイベントを開催。誰でも簡単に『異色肌ギャル』になれるフォトプロップスで「VR ZONE SHINJUKU」をさらに盛り上げていきます。※なくなり次第終了

異色肌ギャル特設ページ : https://vrzone-pic.com/ishokuhadacollabo.html

また、同時にスタートする施設内センターコアエリアのビビットでカラフルなプロジェクションマッピングは、東京駅3Dプロジェクションマッピングなどの企画・演出・制作を手がけ、イベントやショーで150万人を動員してきたクリエイティブカンパニー「NAKED」がプロデュースをし、冬をイメージした新しい世界観を生み出しています。

異色肌ギャルとは
モデルやライターとしても活動する「miyako」によってプロデュースされたプロジェクト『異色肌ギャル』。2017年6月に新宿歌舞伎町「蓮」にて撮影された写真がネットニュースやtwitterを中心に大きな話題を呼び、六本木アートナイト2017にて蜷川実花が演出を務めた「TOKYO道中」にも出演。国内外の数々のメディアに取り上げられ、世界中から注目を集めている。

参照元:
・異色肌ギャル特設ページ
・VR ZONE SHINJUKUのクリスマス、写真を撮って楽しむ体験型イルミ登場

Like@Wrap
Follow@Wrap