3D Styleeがトランクルームにおける360度VR実証事業開始

筆者: 編集部

株式会社エフマイナー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森田 博和、以下、「Fm」)は、株式会社パルマ(東証マザーズ: 3461、本社:東京都千代田区、代表取締役:高野 茂久以下、「パルマ社」)と、トランクルームにおける360度VRを活用した実証事業を開始しする。Fmが提供する、高品質な360度VRコンテンツを直感的な操作で制作できるクラウドソフト「3D Stylee(スリーディースタイリー、 https://3dstylee.com )」を活用した実証事業となる。

本事業では、360度VRを掲載するオンラインページにおける反響率の向上や、内見無しでの成約率の向上による業務効率化を主に検証していく。また、トランクルームのVR内覧会をKeepit保木間(東京都足立区保木間三丁目37番4号)にて、4月に開催するほか、トランクルームの現地にて営業時間外におけるVR内覧を提供するなど、リアルな場面でのVR活用とオンラインでのVR内覧を組み合わせることでの効果の検証も予定している。

まずは、パルマ社の子会社である日本セルフストレージ株式会社が運営するKeep itブランドの屋内型トランクルーム、2箇所を360度VR化し、2018年の3月、4月の繁忙期における効果を検証していく。その後、この実証結果を踏まえ、将来的には、日本全国4000箇所以上のトランクルーム施設情報を掲載するニコニコトランクへのサービス展開を目指していく。

1. パルマ社における導入の背景と目的
2016年のトランクルームの国内市場(屋内・屋外含む)は、2008年比倍増となる500億円となり、2020年には700億円を超える規模へと成長する可能性があるとされている(出典:Annual Supply Survey 2017, 株式会社キュラーズ)。また、店舗数としても全国で8,000店舗と、ファミリーレストランの店舗数約9,400店舗(出典:日本フードサービス協会 外食産業市場動向調査)に匹敵する規模へと増加してきた。そのような中、パルマ社は、セルフストレージ国内の60%以上の事業者にビジネスソリューションのサービスを展開している。トランクルーム業界においても新たな技術を活用した業務効率化や集客支援、成約率向上が求められる中、パルマ社が提供するトランクルーム向けの新たなビジネスソリューションサービス開発の一環として、どこでもかんたんVRの3D Styleeを採用した実証事業を実施することとなった。

Webページ: https://3dstylee.com

参照元:【新サービス】訪日外国人観光客4,000万人時代、ネットで事前に「おもてなし」!? 観光地の魅力を疑似体験させるVRプロモーション『VRでアピール』新登場!

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク