【2018年こだわりオフィス×電通デジタル】「大航海の基点となるオフィスから、マーケティングの未来を切り拓く」

筆者: 編集部

今回のこだわりオフィス特集は、電通グループの中でデジタルマーケティングの専門会社として設立された「株式会社電通デジタル」です。最先端のデータ・テクノロジーと「人」基点のマーケティング手法を掛け合わせて業界をリードする電通デジタル様の成長を支える組織作りについて、代表取締役社長 COOの鈴木禎久様に伺ってきました。オフィス内装の360度VR写真とともにご紹介いたします。

──まず、御社の事業内容をお聞かせください。

代表取締役社長 CO0 鈴木禎久様(以下、鈴木):
弊社は、デジタルマーケティングの全ての領域に対して、コンサルティングから開発、実装から運用、そして実行支援までのソリューションをワンストップで提供しています。デジタルトランスフォーメーションによって人の意識と行動の可視化が急速に進む中、マーケティングは新しいステージへと変化を遂げようとしています。

そんな変化の最中、電通グループは先端のマーケティング手法として人を基点に統合されたフレームワークを開発してきました。私たちはこれを”People Driven Marketing”と呼んでいます。課題を人基点で捉え、本当に必要な人に、必要な場所で、必要なタイミングに情報を提供することをゴールとした戦略性が私たちの提供するソリューションの確固たる核です。

──どのようなメンバーが御社の事業を支えているのでしょうか?

鈴木:
全てのマーケティングプロセスの機能を有しているので、現場には各分野のスペシャリストが集まっています。各メンバーが持っている専門性は列挙すればキリがありませんが、私たちの最大の特徴はその専門性が掛け合わさった“チーム”という単位への意識を強くもって事業を運営していることです。

クライアントのマーケティング目標を達成するために、その都度最適なスペシャリストを組み合わせて一つのプロジェクトを作っています。メンバーのスキルセットだけではなく、価値観やコンピテンシーをできるだけ把握して、暗黙知レベルでのチームの相性を判断していけることが私たちの強みとなっています。

これは、人への興味や理解が深い弊社のメンバーだからこそ実現できることかもしれません。People Driven Marketingを高いレベルで提供するために、身近な社内の人間も普段から深く観察していることがチーム作りにも役立っています。

そのため経営としても、社員が全てのメンバーを把握できる環境を提供することが必至でして、1,000名超在籍する社員(※4月1日時点)同士の日々のコミュニケーションをどう設計していくかという点が非常に重要になってきます。一つの例を挙げると、社内企画としてお互いの「過去から未来の話」をする機会を設けています。こちらは社員の声から実現した企画ですが、深くお互いを知る上でとても役立っています。

──そんな中、オフィスはどのような機能を担っているのでしょうか?

鈴木:
↓↓画像の上でクリック&ドラッグすると、360度VRコンテンツでオフィスがご覧になれます↓↓

OFFICE AMBASSADOR

電通デジタルが創業期から掲げているコンセプトに「ブルーオーシャン」というものがあります。これは常に新しく拓けた市場を追い求め続ける弊社の精神を意味していているのですが、このオフィスが大航海の基点になれるようにという思いを込めて、「ボヤージュ」をテーマにオフィスを設計しています。そのため、オフィスの各所において航海や船を連想させるようなデザインになっています。

働くメンバーにとってワクワクできるオフィスであると同時に、お客様にも電通デジタルという船と共に大海原を目指して欲しいという意味合いを込めて、エントランスには海の風景を大胆に施してあります。

↓↓画像の上でクリック&ドラッグすると、360度VRコンテンツでオフィスがご覧になれます↓↓

Terminal

機能面でいえば、フリーアドレスの導入や、集中スペースや靴を脱いで仕事をできるような場所を設置することで、自分にとって最も生産性の高いスタイルで仕事に取り組めるような環境作りをしています。オフィスとは直接関係ありませんが、4月からテレワークも導入し始めていて、働き方に対しては積極的に色々な挑戦をしています。

↓↓画像の上でクリック&ドラッグすると、360度VRコンテンツでオフィスがご覧になれます↓↓

Beach

コミュニケーションの面では、ふとした時に会話が生まれるよう、人が集まる小さな空間を増やしました。タバコミュニケーションという言葉がありますが、非喫煙者も気軽に集まれる場所を増やすことによって、仕事に囚われ過ぎないラフなコミュニケーションから新しい人間関係や発想が生まれればと思っています。

──オフィス設計はどのような体制で行われたのでしょうか?

鈴木:
プロジェクトの中心はチームを編成して行なっていましたが、要望は社内全体から募っていました。昨年度末に、働き方や職場環境について考えるプロジェクトを実施したのですが、そこで上がった意見は今回のオフィスにも多く取り入れられています。

中には、アロマスペースやシエスタ(昼寝)スペースの導入、変わったものでいうと自家発電バイクの設置など要望がありましたが、より豊かな働き方に繋がるものはこれからも一つひとつ形にしていきたいですね。会社にとっての一番の資産は「社員の成長」だと考えています。社員にとって働きやすい職場環境を整備して、働き方の自由をサポートし、生産性の向上に繋がればと考えています。

──オフィスも広くなり、今後採用活動も活発になると思いますが、どのようなメンバーをお求めになられているのでしょうか?

鈴木:
成長の原点は「実践知」です。中途も新卒も、できるだけ多くの実践知を積み重ねて、それを自身の成長に活かしていきたいと考えている方に、ぜひ来ていただきたいです。

また、電通グループの中でも電通デジタルは変化の激しい会社ですし、市場環境を見てもデジタルマーケティングは凄まじい速度で変化している領域です。現在は社員数が1,000名を超えたところですが、来年には新卒と中途を合わせて300人以上の増員を計画しています。今年は、組織としてもさらに大きく変化を遂げる年になると思います。

そのため、先ほど挙げた経験の多さと成長への意欲に加え、変化を楽しめるかどうかを重要視していますね。変化を楽しめる方には、存分に力を発揮してもらえる環境が整っていると思います。

──最後に、会社としての今後の展望をお聞かせください。

鈴木:
データとテクノロジーが弊社の事業を支えており、この二軸は今後も常に最先端であり続けたいです。特にテクノロジーの変化は、これまでのマーケティングのあり方を大きく変えるものです。現在はデジタルという領域の中でのソリューションを提供していますが、今後はオンラインとオフライン、マスマーケティングとOne to Oneマーケティングなど、あらゆる境目がなっていくと考えています。

そんな新しい時代で、データとテクノロジー、そして弊社が強みとする「人」基点のマーケティングを掛け合わせて、業界をリードしていければと考えています。激しい変化は嵐のように映るかもしれませんが、それでも船を前に進めていれば必ず大海原が見つかるはずですから。

──貴重なお話をありがとうございました。

株式会社電通デジタル
汐留オフィス:東京都港区東新橋1-8-1(電通本社ビル内)
浜離宮オフィス:東京都中央区銀座8-21-1 住友不動産汐留浜離宮ビル

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー