360°カメラ初心者向け「RICOH THETA」 おすすめ機種情報!THETA SCとTHETA Vの違いをわかりやすく解説!

筆者: 編集部

最近話題の360°カメラ。それは、今までのカメラとは違う、全く新しい写真を撮影することができるカメラで、写真好きを中心に人気拡大中です。
360°カメラについて全く知らない方や、聞いたことはあるけど詳しくは知らない方、また興味あるけどどのカメラが良いかわからない!という方向けに、初めて360°カメラを持つ人が、どのカメラを買えばよいか、またどんな写真や動画がとれるのかをわかりやすく解説してみました。是非参考にしてみてください。

360°カメラとは

360°カメラとは、シャッターを一度押すだけで、上下左右カメラを中心とした360°周りの景色を全て撮影できるカメラのことです。その写真を、「360°写真」や「全天球画像」などと呼びます。

普通のカメラではフレームに収まる部分しか表現できず、風景の一部を切り取って記録に残しますが、360°カメラの場合はその場を全て写真に収めることができます。空間をまるごと記録するので、その場の雰囲気まで写真に残すことができるのが大きな特徴です。

またもう一つの特徴として、写真の構図を気にしなくて良いというものがあります。
通常のカメラの場合は、風景のどこを切り取るか、どのような角度で何を写すかなどを考えて撮影しますが、360°カメラの場合は全てを撮影するため、構図を考える必要がありません。
もちろん、構図をしっかりと練って撮影する通常の写真にも魅力はたくさんありますが、そういった細かいことを気にせず、気軽に手軽に撮影できるという点は360°カメラの大きな魅力です。

また、静止画だけでなく、360°の動画も撮影することできます。360°動画は、その名の通り360°全てを撮影した動画で、再生の際に視聴者が映像の角度を自由に動かして様々な角度から映像を見ることができるのが特徴です。

360°カメラ「RICOH THETA」について

そんな360°カメラの先駆けとしてRICOH(リコー)から販売されたのが、「RICOH THETA」です。
2013年にRICOHが発表・発売した360°カメラで、それまでは専用の機材を使ってプロが撮影していた360°写真を、一般の人でも簡単に、片手で撮影できるようにした画期的な製品です。
難しいので詳細な説明は省きますが、RICOHの光学技術を使って、撮影した写真を自動的に360°写真に処理してくれます。
現在では他のメーカーからも360°カメラ、全天球カメラは販売されていますが、カメラの薄さ、撮影の手軽さなど初心者にとって魅力的な点が多いのがRICOH THETAです。

THETAはいくつかのシリーズが発売されていますが、その中でも初めての方には「RICOH THETA SC」と「RICOH THETA V」がおすすめです。
その理由として、どちらも新しいモデルであるため、過去のモデルに比べて性能が上がり、インターフェーズも洗練されていて使いやすいということが挙げられます。

どんな360°写真がとれるのか

まずは、360°カメラでは実際にどんな写真が撮れるのか見てみましょう。

通常の360°写真、全天球写真はこちらです。
自身でカーソルを動かせば、好きな角度へ動かすことができます。
このように、普通のカメラとは違い、同じ景色でも特徴的な写真に仕上がるのがTHETAの魅力です。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

THETA SCとTHETA Vの違い

では、上記でオススメした「RICOH THETA SC」「RICOH THETA V」はどう違うのかご説明します。

初心者向けのTHETA SC

簡単に言うと、「THETA SC」は比較的軽くて価格も低く、ちょっとしたおでかけや旅行、イベントなどに気軽に利用したい人に向いています
お出かけ時の友達との想いでや、旅先の景色、海や山への行楽などにサクッとその場を記録するのにぴったりです。
「THETA SC」の重さは、「THETA V」よりやや軽い約102グラムです。だいたい、パソコンのマウスくらいの重さで、とっても軽く、
「THETA V」と比較した場合は、より初心者に向いていると言えます。
ボディのカラーはベージュ、ホワイト、ブルー、ピンクの4種類です。見た目が可愛いのも「THETA SC」の特徴ですね。

画素数は1200万画素で、これはiPhone6sと同程度であると考えるとイメージしていただきやすいでしょうか。

以下は主なスペックです。

【撮影距離】:約10cm~∞(レンズ先端より)
【ISO感度(標準出力感度)】:静止画:ISO100~1600、動画:ISO100~1600
【シャッタースピード】:静止画:(マニュアルモード以外)1/8000秒~1/8秒、(マニュアルモード)1/8000秒~60秒、動画:(L)1/8000秒~1/30秒、(M)1/8000秒~1/15秒
【静止画撮影時機能】:ノイズ低減、DR補正、HDR合成、インターバル撮影、セルフタイマー、インターバル合成、マルチブラケット
【記録媒体】:内蔵メモリー:約8GB
【外形寸法】:45.2 mm(幅)× 130.6 mm(高さ)× 22.9 mm(17.9 mm※4)(奥行き)
【質量】:約102g
【有効画素数】:約1200万画素

360°動画を撮影するなら「THETA V」

一方「THETA V」は動画をたくさん撮影したい人に向いています。
「THETA V」は、「THETA SC」のハイエンドモデルという位置づけで、大きな違いは、一回あたりの動画の記録時間です。
「THETA SC」は一回あたり5分程であることに対し、「THETA V」は25分程度まで動画の撮影ができます。
また「THETA V」はライブストリーミングにも対応しており、動画にフォーカスするなら「THETA V」のほうがオススメになります。
動きのある動画を撮影したい、例えばスノーボードやダイビングなどのアクティビティ撮影に向いた機種となります。
「THETA V」は、ボディのカラーはメタリックグレーの一色となります。

以下は「THETA V」の主なスペックです。

【撮影距離】:約10cm~∞(レンズ先端より)
【ISO感度(標準出力感度)】:
 ・静止画:(オート)ISO64~1600
 ・(ISO優先モード)ISO64~3200※1
 ・(マニュアルモード)ISO64~3200※1
 ・動画:ISO64~6400
 ・ライブストリーミング:ISO64~6400
【シャッタースピード】:
 ・静止画:(オート)1/25000秒~1/8秒、
 ・(シャッター優先モード)1/25000秒~1/8秒※1
 ・(マニュアルモード)1/25000秒~60秒※1
 ・動画:1/25000秒~1/30秒
 ・ライブストリーミング:1/25000秒~1/30秒
【静止画撮影時機能】:ノイズ低減、DR補正、HDR合成、インターバル撮影、セルフタイマー撮影、マルチブラケット撮影
【記録媒体】:内蔵メモリー:約19GB
【外形寸法】:45.2mm(幅)×130.6mm(高さ)×22.9mm(17.9mm※1)(奥行き)
【質量】:約121g
【有効画素数】:約1200万画素

撮影した360°写真を楽しむ

次は、撮影した360°写真をより楽しむ方法についてご紹介します。

360°写真を編集する

THETAには、撮影した写真、動画を閲覧・編集・共有できる専用のアプリがあります。
いくつかのパターンが用意されており、撮った写真が丸く、惑星のように加工される「リトルプラネット」や、世界地図を平面にしたような表現ができる「フラット」、写真が中心から周囲に向かって放射線状に引き伸ばされる「ストレート」など、撮影した360°写真を楽しくユニークに加工することができます。

THETAアプリを使うと、こんな面白い写真に加工することができます。

SNSに投稿する

撮影した360°写真、360°動画は、もちろん自分だけで楽しむこともできますが、せっかくなので誰かに見てもらって、感動を分かち合いたいですよね。
THETAアプリを利用すれば、FacebookやTwitter、Instagramに360°写真を投稿・共有することができます。

360°写真を自分だけでなく、周りの友人や家族と一緒に楽しむことができるのも、THETAの魅力の一つです。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー