ワンランク上の360度写真が撮れるTHETA撮影テクニック!魚眼レンズを理解しよう

筆者: 編集部

普通のカメラとは一味ちがう写真がとれる360度カメラ「RICOH THETA」。難しく考えずに画角を気にせず気軽に撮影できるのがTHETAの魅力ですが、ひと工夫すればワンランク上の360度写真を撮影することができます。本記事では、THETAを使いこなし、よりクオリティの高い写真を撮影するために理解する必要がある「魚眼レンズ」の特徴についてお話していきます。

THETAに使われている魚眼レンズとは

魚眼レンズとは、THETAに利用されている特殊なレンズのことで、その名前の通り、魚の眼と同じ原理で広い範囲を撮影することができる、超広角レンズです。魚が水中から空を見上げたときに見える視界からその名前が付きました。

魚眼レンズの最大特徴は、直線が曲がってしまうことです。それにより、魚眼レンズで撮影した写真は見る人に強烈なインパクトを与えることができます。

THETAでは、背中合わせに配置された2個の魚眼レンズがそれぞれ約180度の画角を持ち、「スティッチ」と呼ばれる、撮影した写真のつなぎ合わせ加工が瞬時に行われており、レンズを中心とした上下左右の360度の全天球画像が生成されています。

この、人間の視覚を超越する画角や特有の歪曲といった魚眼レンズの特徴に加えて、THETAの画像合成の仕様を理解すれば、よりハイクオリティな360度写真を撮影できるようになります。

魚眼レンズでは、遠近感がつきやすい

魚眼レンズは、人間の視覚以上に広い範囲を撮影するため、被写体は思っているよりも小さく写ります。よくありがちなのが、主要な被写体と背景とのメリハリがなくなって何が写っているのかわかりにくくなってしまうことです。

このため、メインで撮影したいものにはできるだけ近づいて、大きく写すことを意識してみてください。THETAの最短撮影距離である10センチメートルの距離でも、被写体を綺麗に撮影することができます。

#Regram from @igers360 Some fruits?🍊🍌🍍🍎🍐🍏🍉#theta360

RICOH THETA – 360 cameraさん(@theta360official)がシェアした投稿 –

このように、THETAでの撮影においては遠近感を意識して撮影することがワンランク上の360度写真を撮るためのポイントとなります。

近距離では独特な歪みが発生する

魚眼レンズは、画面の中央にあるものを極端に大きく写すことができるので、その効果を活かして特定の被写体の迫力を出すには向いています。

その一方で、被写体に対して思いもよらない歪みが発生し、人物を撮影したい場合や自撮りの場合などは顔が歪んで写ってしまうため注意が必要です。(そこが面白いところでもあるのですが)

自撮りなど人物を撮影する際は、THETAを顔と同じ高さや顔より少し高い位置で腕をいっぱいに伸ばし撮影するとちょうど良い具合に顔を写すことができます。しかし、顔より低い位置や腕を曲げて近い位置で撮影すると、顔が歪んでしまいます。

また、THETAの側面(真横)に位置する被写体は、画像合成(スティッチ)の継ぎ目にあたってしまい不自然な写りとなってしまうため、特に人物撮影の場合は被写体をTHETAの真横で撮影するのは避けたほうが無難です。

#Regram from @alessiabighair TROPICAL SUNSET 🌅🙌😍#theta360

RICOH THETA – 360 cameraさん(@theta360official)がシェアした投稿 –

空や海など長距離のものを撮影する際には、強烈な歪みのおかげで丸く写り、普通のカメラとは違う面白い写真が撮れます。そうした遊びのある写真を撮影することができるのは魚眼レンズの魅力です。

奥行きや広さを表現できる

魚眼レンズでは、歪みが発生するため、屋内で奥行きや広さを表現することができます。例えば高い天井などは、魚眼レンズと相性が良いです。また、普通のカメラと違い画角の広い迫力のある写真を撮影することもできます。

お寺や寺院、協会など歴史的建造物は以下のようにユニークな写真を撮影することができます。海外旅行などで建物内を観光する際は是非THETAを利用してみてください。

#photofrom @fujikoko #theta360 #thetaのある生活 #littleplanet #京都 #正寿院

RICOH THETAさん(@theta360official_jp)がシェアした投稿 –

屋外など明るい場所では注意が必要

魚眼レンズで360度を撮影するTHETAでは、空の面積が大きくなる屋外の撮影などにおいて、空や海が適切な明るさに映るように設定されています。そのため、人物など肝心の被写体が暗く写ってしまうことが多くなります。事前にライブビューで明るさを確認し、必要に応じて露出補正を行うことで、人物など被写体の明るさを確保するとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

魚眼レンズの特徴を理解し、うまく利用すれば、普通のカメラでは表現することができない魅力を生み出すことができたり、見慣れた景色の意外な一面を発見できるかもしれません。

旅行の景色や世界遺産、歴史的建造物などの360度写真を撮影するならTHETA SCがオススメです。

———-
参考記事:360°カメラ初心者向け「RICOH THETA」 おすすめ機種情報!THETA SCとTHETA Vの違いをわかりやすく解説!
———-

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー