【THETA撮影スポット】何気ない普段の休日もTHETAならちょっと特別に。都内の公園へ出かけて360度カメラで撮影

筆者: 編集部

みなさんはどんなときに公園へ出かけるでしょうか。散歩、ピクニック、運動、ヨガ、瞑想などその目的も様々だと思いますが、自然に囲まれた広い場所だからこそのびのびと気分もリフレッシュできますよね!今回はそんな憩いの場である公園に、THETAを持って出かけ、青い空と緑の草木を360度カメラでまるっと収めてきました!きっとフレッシュな気分まで写真に込められたのではないかと思っていますのでぜひ御覧ください!

公園へのお供はTHETA SC

シャッターを一度押すだけで、上下左右カメラを中心とした360°周りの景色を全て撮影できる360度カメラ。そんな360度カメラの先駆けとしてRICOH(リコー)から販売されたのが、「RICOH THETA」です。他のメーカーからも360度カメラは販売されていますが、薄さや撮影の手軽さなど初心者にとって魅力的な点が多いのがTHETAの特徴です。

そんなTHETAシリーズの中でも、「THETA SC」は比較的軽くて価格も低く、ちょっとしたおでかけや旅行、イベントなどに気軽に利用したい人に向いています。カラーはベージュ、ホワイト、ブルー、ピンクの4種類で、見た目が可愛いのも「THETA SC」が女性に人気である理由の一つです。画素数も1200万画素と、iPhone6sと同じレベルで綺麗な写真が撮影できます。

RICOH THETA SC(レビューページ)では、実際にTHETA SCを使ってみた人たちの感想を見ることができますのでこちらもよろしければ御覧ください。

今回はそんなTHETA SCを持って公園へ出かけました!

明治神宮 宝物殿前広場(芝生公園)をTHETAで撮影

まず最初に向かったのが、明治神宮の宝物殿前広場(芝生公園)です。明治神宮の奥まった場所にあり、「宝物殿」を目指して歩いていくと到着できます。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

都会の真ん中にも関わらず、静けさと緑の美しさが際立つ場所で、大きく立派な木を背景に360度写真を撮ってみました!立派な木の枝々までしっかりと1枚の写真に収めることができました。また、この公園の広さと空気の新鮮さも伝わるのではないでしょうか?こういった空間の広がりを伝えるには360度写真はもってこいです。

専用編集アプリ「THETA+」を利用してこの写真を加工してみました!

「リトルプラネット」というビューで制作しました。まるで木に優しく包まれているような、とってもいい写真が撮れました。とてもお気に入りです。

こちらは「ミラーボール」というビューです。ミラーボールに風景を写したような作品にできるのが特徴です。青々とした芝生と青い空のコントラストを綺麗に1画面に収めることができました。

THETA+の使い方、編集方法に関しては以下の記事を御覧ください。
=============
撮って終わりじゃない!360度写真・動画加工アプリ「THETA+」の使い方
=============

眠らない街、渋谷にもこんな静寂に包まれた大自然スポットがありました!恋人同士や子供連れ、またはひとりでゆっくり読書でも楽しめます。ぜひ週末に足を運んでみてはいかがでしょうか。

清澄公園を360度カメラTHETAで遊ぶ

最近何かと話題のおしゃれスポットである清澄白河にもオススメの公園があります。清澄庭園の隣にある清澄公園です。緑も、ベンチも多いので、オシャレなカフェに寄ったついでにのんびり散歩するのに良さそうです。

さてTHETAの出番です。この日は少し雨が降っていたので、カラフル傘を使って360度写真を撮影してみました!THETAはスマートフォンと連携することで、こんなふうに遠隔で撮影することもできます。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

撮影した360度写真を編集。もちろんTHETA+を利用しています。

公園全体が写真に収まって、まるで森の中にいるような写真を撮影することができました!ワンポイントのカラフルな傘も映えます。

平和の森公園の360度写真

東京都大田区にある平和の森公園は、京急本線平和島駅より徒歩10分強程度でアクセスできます。ピクニックに向いていそうな広い芝生の広場がありました。

広さが伝わるでしょうか?THETAで360度撮影してみました。天気が良い日は思いっきり走り回りたくなりますね。下の写真は、Clickで360度写真としてお楽しみいただけます。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

今度は、今までと編集を少し変えて、面白い写真を作ってみました(笑)空を丸めて親指と人差し指でつまんでいるような写真ができました。

まとめ

普段、何気なく散歩したり遊びに行ったりする公園を、THETAで360度写真に収めることで、その広さや空気感などを伝えることができました。
また、THETA+を使って編集することで、たとえ見慣れた場所でも少し雰囲気の違った写真を作ることもできます。

360度カメラについてよくわからない!初めて聞いたという方は、ぜひこちらの記事を御覧ください
=============
360度カメラ初心者向け「RICOH THETA」 おすすめ機種情報!THETA SCとTHETA Vの違いをわかりやすく解説!
=============
みなさんも、行きなれた場所、見慣れたスポットがあると思いますが、そんな風景をTHETAで少し特別な形に残してみてはいかがでしょうか?

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー