失敗しない360度カメラの選び方とオススメ商品を紹介!

筆者:渡辺 結

360度カメラは、スマホに取り付けるタイプや業務用の大きなタイプまで、さまざまな種類があります。「360度カメラのを使ってみたいけど、そもそもどうやって選べば良いのかわからない」という人も多いはず。

せっかく高いお金を出して買うなら、用途に合ったカメラを選びたいもの。そこで今回は、失敗しない360度カメラの選び方をご紹介します。360度カメラの買い替えを検討している方も、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

初心者でも失敗しない360度カメラの選び方

360度カメラを選ぶときに知っておきたいのが、「全天球カメラ」と「半球カメラ」の違いです。360度カメラの種類を大きくわけると下記の2つ。

全天球と半天球

全天球タイプ・・・前と後に1枚ずつ、計2枚のレンズを搭載しています。2つの超広角の魚眼レンズの映像を合成することで、360度の撮影ができるのです。

半天球タイプ・・・「半球タイプ」は、1枚の超広角の魚眼レンズを搭載。カメラの水平方向360度と、あとは地球儀の上半分の撮影のみおこなえます。

画像・映像の綺麗さ

せっかく360度カメラで撮影をするなら、画素数もチェックしておきたいポイント。InstagramやTwitterなどSNSにアップするだけであれば、1,200万画素数でも十分にきれいな画質で撮影をおこなえます。画素数が高くなると保存できる容量が少なくなるため、予備のSDカードを用意しておいた方が安心です。

動画の撮影の有無

360度カメラは、静止画だけではなく動画撮影もできるんですよ。ストレージ搭載方法は、内蔵ストレージがおすすめです。というのも、わざわざ外部メモリを購入する必要がなく、外出するときも気軽に撮影をおこなえます。

ただ、撮影したデータを保存したマままになっていると容量オーバーになってしまうことも。そのため、撮影データはこまめにパソコンに移しておきましょう。

SNSとの連携

360度カメラで撮影した写真を「すぐに誰かと共有したい!」というときは、SNSとの連携機能付きのアイテムを選びましょう。

また、撮影した写真をその場でアップロードできたり、YouTubeにライブ配信できたり、さまざまな機能が搭載されているものもあるます。ただ、アプリのインストールが必要な機種もあるため、360度カメラを使う前にスペックや機能は確認しておいた方が良いかもしれません。

連続撮影時間

連続撮影時間が短いと、撮影している途中にバッテリーが切れてシャッターチャンスを逃してしまうことも。そのため、連続撮影時間の長さチェックしておきましょう。

サイズ

イベントや結婚式の二次会などメンバーと集合写真を撮るときは、スマホに装着して持ち運ぶことができるコンパクトサイズの360度カメラがおすすめです。ネットではサイズがわかりづらいため、店頭で手に取りながらさまざまな商品と比べてみてください。

防滴や耐衝撃性

多くの360度カメラは、アクションカメラと同じメーカーで開発されています。そのため、水中で使える防水機能が付いているものや、外部からの衝撃に強いものを選びましょう。登山やトレッキングなど、雪が舞うなかでの幻想的な写真が撮れるはずです。

とりあえず体験するなら!4万円前後で購入できるスマホ360度カメラがオススメ

Insta360 Nano S

「Insta360 Nano S」は、iPhoneに直接取り付けるだけで手軽にパノラマ撮影が楽しめる、小型サイズの360度カメラです。手のひらにすっぽり収まるコンパクトなサイズでありながら、画素数はなんと2,400万画素数! 小型なのに曇りのないクリアな高画質な写真を撮れるのは、「Insta360 Nano S」の特徴です。

また、自撮り棒や紐をつけて空中から撮影できるほか、手ぶれ補正機能もあるのでアウトドアでの撮影にぜひおすすめ。

Galaxy Gear 360

「Galaxy Gear 360」は、前と後に1枚ずつ、計2枚のレンズを搭載した全天球カメラです。2枚のレンズで360度、天から地までを1枚の写真に収めることができます。専用のGear 360アプリを使ってバリエーション豊富なモードの中からタップするだけで、簡単に画面表示を切り替えることが可能。360°コンテンツを一般的な動画や写真のフォーマットに変換して、SNSでの共有もスムーズです。

RICOH THETA V


RICOH THETAシリーズの最新モデルである「RICOH THETA V」。

大きな特徴として、まずは高画質な360度写真です。静止画で出力画素14Mに相当する高精細な360度写真の撮影が可能なため、隅から隅までノイズが少なく美しい写真を残すことができます。

そして、動画も性能が大幅にアップ。なんと4K動画を360度撮影することができるため、その場の風景をリアリティそのままに残せるようになりました。手ぶれ補正も搭載しているので、撮影時も安心です。さらに4chマイクを搭載しているため、VR (バーチャル・リアリティ) に対応した360度空間音声を記録可能に。動画と連動した音声もより高品質となり、臨場感ある映像を何度も堪能することができます。

RICOH THETA V(レビューページ)もご覧ください。

予算と用途に合った360度カメラを選ぼう

360度カメラは安いもので10,000円前後、それ以上になると数万円近くするものもあり、ものによって価格は大きく変わります。雨や雪にも強い防水機能付きにするのか、静止画と動画の両方が撮影できるものか、お財布と相談しながら用途に合わせて選びましょう。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー