スキーやスノーボードで大活躍!ゲレンデに持って行きたいおすすめの360度カメラ

筆者:渡辺 結

日本全国にあるスキー場では、早ければ11月の下旬からシーズンオープンを迎えます。あたり一面の雪景色と壮大な山々の景色を一望できる最高のパノラマビュー。大自然に囲まれた広大な冬のゲレンデの美しさは、スマートフォンで撮影するとその感動が薄れがちです。

スキーやスノーボード愛好家にぜひおすすめしたいのが、360度カメラ。自分の滑っている様子やゲレンデではしゃぎ回るわが子や家族の様子も、360度カメラで撮影すればよりダイナミックな映像・写真を形として思い出に残すことができます。

とはいえ、雪山の斜面を滑走しながらの撮影となると、スマホでのリモート操作ができたり、ウェアのポケット入れてもかさばらないコンパクトなサイズなど、選ぶ商品も限定されてしまうもの。「何を選べばいいのか分からない」というあなたのために、スキー場での撮影におすすめの360度カメラをご紹介したいと思います。

【1】Nikon 防水アクションカメラ KeyMission 360 BK ブラック

Nikon 防水アクションカメラ KeyMission 360 BK ブラック|Amazon

最初にご紹介するのは、カメラ、デジタルカメラ、双眼鏡を多数手がける日本の大手光学機器メーカーから発売中の「Nikon 防水アクションカメラ KeyMission 360 BK ブラック」。

カメラの両面には、撮像素子とNIKKORレンズを搭載されており、全方位360度のパノラマ撮影を実現しています。フルハイビジョンに対応しており、肉眼に近い鮮明な映像のその美しさに、感動すること間違いありません。

また、落としても割れにくく故障しにくい耐衝撃吸収性と、寒い場所での撮影も可能な耐寒性能も兼ね備えています。マイナス0度を下回るスキー場での撮影にぴったりの360度カメラです。さらに、撮影した写真をその場でスマートフォンへ転送できるSnapBridgeも搭載されています。

【2】RICOH THETA SC 360度 全天球カメラ

「RICOH THETA SC」は、コンパクトなサイズと、重量わずか102gの超軽量が魅力の360度カメラです。片手にすっぽりとおさまるのはもちろん、スキーウェアのポケットに入れてもかさばらず持ち運びもスムーズ。

また、有効画素数は約1200万画素。急な天候の変化でゲレンデ一帯が吹雪で視界が悪くなってしまっても、曇りのない透き通るような鮮明度の高い写真・映像を撮れるのです。撮影1回あたりの時間は短いですが、360度動画も撮影できます。

360度動画をメインに撮影したい場合は、RICOH THETA Vがおすすめです。

【3】Galaxy Gear 360 SM-C200

Galaxy Gear 360 SM-C200|Amazon

「Galaxy Gear 360 SM-C200」には、F値2.0の明るいレンズが搭載されています。太陽と雪の反射による白飛びも少なく、明るく解像度の高い画像・映像の撮影を楽しめるのです。丸いフォルムのボディには、ホコリや雪の侵入を防ぐ防塵・防滴機能が搭載。コースを滑走中にカメラをとしてしまっても、水漏れによる故障の心配もなく安心です。

「Galaxy Gear 360 SM-C200」には、ストラップやソフトケース、USBケーブル、専用ソフトが付属されています。オプション品を買い足す必要がなく初期コストを抑えられるのもうれしいポイントです。

【4】Kodak アクションカメラ PIXPRO SP360 4K

Kodak アクションカメラ PIXPRO SP360 4K|Amazon

「Kodak アクションカメラ PIXPRO SP360 4K」は、ドーム状に魚眼レンズが配置されています。そのため、水平方向360度、垂直方向235度のパノラマ撮影も自由自在。また、パソコン用ソフトウェアにつなげれば、11種類の表示モードで視聴可能です。

比較的長時間の動画撮影ができるため、迫力あるロングランコースの滑走を映像におさめることができます。Wi-Fi機能をオンにしてスマホと接続すると、リモートで操作可能です。104gと超軽量なので、スキー板やスノーブーツで何かと荷物が多くなりがちなスキー旅行にぴったりです。

 

迫りくるようなゲレンデの大パノラマを360度カメラで!

いかがでしたでしょうか? スキー場の絶景を撮影する際は、ぜひ360度カメラを使ってみてください。自分の胸よりも高い位置でカメラを構えて撮影すると、開放感のある写真・映像を撮れますよ。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー