どれを買えばいいのか分からない! RICOHの360度カメラ、THETA機種比較

筆者:渡辺 結

さまざまなメーカーから、「Insta360 ONE」「KeyMission 360」「Kodak 4K VR360」「Garmin VIRB 360」「Samsung Galaxy Gear 360」といった数多くの360度カメラが次々と登場しています。

パソコンやデジタルカメラ同様に、数年おきに新作モデルが発売されている昨今。360度カメラの火付け役となった、「RICOH THETA」を愛用しているユーザーが多いのではないでしょうか?

これから「RICOH THETA」の購入を考えている人の中には、「RICOH THETA V」と「RICOH THETA S」どちらのカメラを選べば迷うこともあるはずです。そこで今回は、「RICOH THETA V」と「RICOH THETA S」の違いとその特徴について見ていきたいと思います。

みんなが持ってる「RICOH THETA」ってどんなカメラ?

「360度カメラ=RICOH THETA」と言っても過言ではないほど、「RICOH THETA」を愛用しているユーザーは多くいます。

「RICOH THETA」は、デジタル一眼カメラ、コンパクトデジタルカメラ、レーザープリンターといった光学機器の製造・販売を手掛ける株式会社リコーから発売されている、全天球カメラシリーズです。2015年に「RICOH THETA S」が発売されるや否やその人気に火がつき、TwitterやInstagramなどのSNSで瞬く間に話題になりました。

そんな「RICOH THETA」の魅力は何と言っても、ワンショットで前後左右上下の全方位を撮影できること。2枚の魚眼レンズを搭載した「RICOH THETA」は、今まであるようでなかったダイナミックなパノラマ撮影を可能にしたのです。

しかも、片手にすっぽりおさまるスティック型のボディーは、カバンの中や、ジャケット、デニムのポケットに入れてもかさばらず、持ち運びしやすいコンパクトなデザイン設計となっています。

また、海外旅行や登山、夏のレジャー、結婚式、飲み会などさまざまなシーンに活用できるほか、スマートフォンと連携して高画質な映像を撮影することができるのです。こうした多様性の高さから、老若男女を問わず幅広い世代から絶大な人気を集めています。

360度カメラ初心者はもちろん、使い慣れている中上級者まで、誰でも簡単に大迫力のパノラマ撮影を楽しめるのです。

「RICOH THETA V」と「RICOH THETA S」どう違う?

動画撮影をメインで楽しむなら「RICOH THETA V」


スキー場や山頂からの絶景、スポーツシーンといった動画撮影をメインで楽しみたいという方には断然、「RICOH THETA V」がおすすめです。

2017年に発売された「RICOH THETA V」は、「RICOH THETA V」の旧モデルから機能がアップデートされており、動画は4K(3840×1920/29.97fps)と2K(1920×960/29.97fps)のフルハイビジョンに対応しています。

さらに、動画は、1回につき最大25分までの連続撮影が可能で、4Kなら約40分、2Kであれば約130分の動画を保存できるのです。

また、撮影した動画の回転ぶれを補正できるほか、iOS11の端末であれば、離れた場所からのリモート撮影も可能に。F値2.0の明るいレンズを搭載しており、薄暗い場所でも明るく解像度の高い写真撮影も楽しめます。

ブログやSNSにアップする写真の撮影が中心なら「RICOH THETA SC」



写真の画質を大きく左右する性能のひとつが、「イメージセンサー」というCMOSを用いた固体撮像素子。センサーの数値が大きいほど、ノイズが少なく高解像度の写真を撮影を楽しめるのです。

「RICOH THETA SC」には1/2.3型のCMOSセンターが搭載されています。これは、一般的なデジタルカメラに採用されているイメージセンサーに匹敵します。

つまり、「RICOH THETA SC」は光を取り込む面積が広いため、美しい夜の繁華街やレストランの外観といった暗い場所の撮影にも強いのです。360度のパノラマ撮影が楽しめるだけではなく、解像度の高い臨場感のある静止画をワンショットで撮ることができます。

RICOH 360度カメラ THETA SC 初音ミク 限定モデル



「RICOH 360度カメラ THETA SC 初音ミク 限定モデル」は、初音ミク10周年を記念し、「RICOH THETA SC」と、ボーカロイド「初音ミク」がコラボした限定モデルです。

撮影時のシャッター音が通常モデルとは異なり、初音ミクオリジナルシャッター音が収録されています、また、ただ単にボディーの色やシャッター音が特別仕様になっているわけではありません。なんと、専用アプリを使うと初音ミクと一緒に写真を楽しめるのです。

さらに、撮影した画像は専用のアプリでキャラクターを合成することもで、50種類以上のポーズ、目線や髪の動きを自分好みにカスタマイズできます。

用途に合わせて選ぼう!

株式会社リコーから発売された「RICOH THETA」の登場によって、今そこにいるかのような臨場感のある映像、見渡す限りの感動的な写真・動画撮影を誰でも手軽に楽しめるようになりました。動画メインか写真メインかで自分のライフスタイルに合ったモデルを選びましょう。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー