【売れ筋半天球カメラ】立体的な撮影が楽しめ、つなぎ目なしの写真が撮影できる360度カメラ

筆者:渡辺 結

RICOHの360度カメラである「RICOH THETA(リコーシータ)」の登場によって、その人気に火がついた360度カメラ。今や、360度カメラを持っていて当たり前と言っても過言ではありません。誰でも簡単にパノラマ撮影を楽しめる360度カメラには、全天球と半天球の2種類があります。

全天球は、前と後に1枚ずつの魚眼レンズを搭載したタイプで、ワンショットで前後左右上下を全方位した丸い写真を撮影することができます。

一方の半天球カメラは、1枚の超広角レンズを採用しており、カメラ水平方向360度の撮影が行えるというもの。TwitterやFacebook、Instagramに投稿されている、地球儀のような構図の写真は、全天球カメラを使用して撮影したものです。

半天球カメラは、1つの超広角の魚眼レンズが搭載されています。「全天球タイプ」のように上下左右360度のすべて撮影することは出来ません。全天球カメラと比較したときの半天球カメラの最大のメリットは、全天球カメラで撮影した場合にはスティッチと呼ばれる動画のつなぎ目が少なからず360度写真に入ってしまうのに対し、半天球カメラではスティッチは入りません。

(ただし、「半球タイプ」を2つ使用し、撮影した画像を編集して「スティッチ」処理することで上下左右360度の映像を作成することができますし、その場合はスティッチのあとも多少入ります。)

そこで今回は、カメラフリークの筆者が選ぶおすすめの半天球カメラをご紹介します。

カメラフリークの筆者が厳選したおすすめの半天球カメラ

【1】CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-FR200BK


CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-FR200BK|Amazon

最初にご紹介する「CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-FR200BK」の特徴は、レンズと液晶ディスプレイが分かれている点です。被写体のピントや撮影範囲を、大画面の液晶ディスプレイで確認しながらシャッターを切れるため、初心者でも扱いやすく失敗が少ないというメリットが挙げられます。

また、185度の超広角レンズは、独自で開発した防塵防滴仕様を搭載しており、水中やアウトドアでも活躍。

さらに、本体はもちろんカメラ部とコントローラー部分にも、不用意な落下でも壊れにくい耐衝撃性能が完備されています。マイナス10度の極寒の地でも撮影できるため、アイスクライミングや冬のスキーやスノーボードでも安心して撮影できますよ。

【2】360fly


360fly|Amazon

球体型のフォルムが可愛らしい「360fly」は、360度のビデオ撮影にも対応の半天球カメラです。ラフティンングやサーフィンといったマリンスポーツにも使える、水深10mまでの水機能を搭載しています。

また、フルハイビジョンを採用しており、ノイズのない美しいパノラマ映像を楽しめるのです。1.5mから落としても壊れない高い耐久性に加えて、マイナス20度の寒い環境にも耐えられる耐低温も兼ね備えています。

無料のアプリをインストールしておけば、撮影した高画質の映像をリアルタイムでTwitterやInstagramに投稿できます。また、プレビュー撮影をはじめ、映像編集もスマホ1台で完結できるのです。これだけの機能を持ちながら、49,548円! さまざまな360度カメラのなかでも、「360fly」はコストパフォーマンス抜群の商品だと言えるでしょう。

【3】Kodak SP360 4K


Kodak SP360 4K|Amazon

「Kodak SP360 4K」は、水平方向360度の圧巻のパノラマ撮影を楽しめます。片手にすっぽりとおさまるコンパクトなサイズで、海外旅行やアウトドアに出かける際にもかさばらずに気軽に持ち運びできるのです。

軽量且つコンパクトでありながら、コンパクトながら1,920×1,080のフルハイビジョンに対応しています。そにため、曇りのない鮮明な高画質の動画撮影を楽しめるのです。防水機能も搭載されており、水しぶき程度であれば故障の心配もありません。尚、水中で撮影したい場合は、専用の防水ハードケースの購入をおすすめします。

高画質のカメラが満載!

いかがでしたでしょうか? 水平方向360度のパノラマ撮影を楽しめる半天球タイプのカメラをご紹介しました。フルハイビジョンの高画質に対応している商品も多いため、海外旅行やアウトドアで撮影する際は、ぜひ半天球カメラで感動的な映像撮影を楽しんでみてください。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー