インスタでも人気!360度カメラで撮りたい宮古島のビーチまとめ

筆者:渡辺 結

日本の最南端、沖縄県宮古島には、「砂山ビーチ」「与那覇前浜ビーチ」「真謝海岸」「パイナガマビーチ」などの言葉を失うほどの美しいビーチがたくさんあります。Instagramでも「#沖縄」「#宮古島」「#360度カメラ」というハッシュタグとともに、その絶景を360度でおさめた美しい写真が数多くアップされています。

透き通るような海、真っ青な青空、向こう彼方に見える地平線の感動的な風景は、360度写真でないとなかなか伝わりづらいものです。そこで今回は、多くの人びとを魅了する沖縄県宮古島のビーチをまとめてみました。沖縄旅行に行く際は、ぜひこの記事を参考に360度撮影を楽しんでみてください。

360度カメラで撮影したい沖縄県宮古島の絶景ビーチ

ガイドブックでも必ず取り上げられる、沖縄県宮古島のビーチ。海の近くにはリゾートホテルが立ち並び、部屋の窓からも見える大海原の大絶景は時間を忘れてずっと見ていられるほどの美しさです。そんな宮古島には、シュノーケリングを楽しめる穴場も数多く存在します。

巨大な砂山と天然アーチが圧巻の「砂山ビーチ」

最初にご紹介する「砂山ビーチ」は、旅行口コミサイトのトリップアドバイザーが発表した「トラベラーズチョイス(TM)世界のベストビーチ2018」で、4位にランクインしている有名なビーチです。

砂山ビーチのシンボルともなっているアーチ状の岩は、波の浸食によってできたと言われています。海の底まで見える透き通るほどの透明感とコバルトブルーの海はバックに、砂山ビーチを訪れた記念に撮影してみてはいかがでしょうか? どこまでも果てしなく続く真っ青な空と海のコントラストはまさに、非日常の世界。

昼間はビーチを、夜は空一面に輝く満天の星の撮影を楽しんでみてください。景観をさえぎるものがない「砂山ビーチ」の砂浜からは、運が良ければ天の川を見られることもありますよ。

(詳細)
砂山ビーチ
住所:沖縄県宮古島市平良荷川取

東洋一と呼ばれる美しさを誇る与那覇前浜ビーチ

東洋で一番美しいビートと称される「与那覇前浜ビーチ」。旅行雑誌やガイドブックでも取り上げられ、世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザー」が、投稿された旅行者の口コミ評価をもとに行った「トラベラーズチョイス(TM)世界のベストビーチ2018」で、2位に輝いています。

真っ白な砂浜と鮮やかなブルーのグラデーションが美しい海は、人生で一度は絶対に訪れておきたい場所と言っても過言ではありません。さざ波の音とコバルトブルーの海が、日頃の疲れも癒してくれるでしょう。

ちなみに、「与那覇前浜ビーチ」の遊泳期間は例年4~10月末までで、トイレやシャワー、更衣室も完備されています。1日中砂浜に横たわりながら、仕事のことも上司のことも何も考えずただただ黄昏てみてください。

(詳細)
与那覇前浜ビーチ
住所:沖縄県宮古島市下地字与那覇1199-1

新城海岸

「新城海岸」は、シュノーケリングが楽しめることで知られる人気スポットです。生い茂る林の間を抜けると、目の前に広がるエメラルドグリーンに光り輝く海。

横に700m続くビーチには、あっさりしたスープと細く平たい麺の相性が抜群な宮古そばを食べられる海の家も。疲れたらひと休みしながら、海のそよ風に癒されてください。

遠浅の「新城海岸」に潜ると、海底にはホワイトやグリーンのサンゴ礁が広がり、スズメダイやクマノミといった映画やドラマ、アニメに登場する熱帯魚も間近で観察することができます。

海底でゆらゆらと優雅に揺れるイソギンチャクを見ているだけで、日常の疲れやストレスも吹き飛びます。上空からの360度写真はもちろん、せっかくなら防水機能を搭載した360度カメラで、神秘的な海の様子も撮影してみてはいかがでしょうか?

尚、海底での撮影も楽しめる防水カメラについては下記の記事を参考にしてみてください。

海中のあの光景を360度写真に収めたい!海中で撮影可能な360度カメラ&防水ハウジングケースの組み合わせは?

(詳細)
新城海岸
住所:沖縄県宮古島市城辺字新城

宮古島に行くなら360度カメラは必須!

いかがでしたでしょうか? ここでは紹介しきれませんでしたが、沖縄県宮古島にはまだまだ魅力的なビーチがたくさんあります。ただ海をぼーっと眺めるのもよし、海底に潜ってパ360度撮影を楽しむもよし、それぞれ思い思いの時間を過ごしながら素敵な思い出を作ってみてください。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー