YouTubeやVR向け! 美しい動画撮影ができるおすすめ360度カメラ

筆者:渡辺 結

手軽にVR体験ができる360度ビデオカメラ。スノーボードやスキー、サーフィン、旅行先の街並みの様子を撮影したパノラマ映像を、YouTubeやFacebookにアップロードする人も多いのではないでしょうか?

今回は、撮影した映像をYouTubeにアップして、誰でも手軽にVR体験ができるおすすめの360度ビデオカメラをご紹介したいと思います。

圧巻の動画撮影にも対応の360度ビデオカメラがほしい

自分の後ろの景色まで全方位を一度にレンズにおさめた撮影が楽しめる360度カメラ。静止画はもちろん、より臨場感のある景色を切り取るならビデオがおすすめ。

個人ブログを書いてコンテンツとして撮影した動画をアップしたい方や、YouTubeに投稿したいと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

RICOH THETA V

「RICOH THETA V」は、4K (3840×1920)のフルハイビジョンを搭載し、56Mbps、29.97fpsの高画質なビデオ撮影が楽しめます。その場にいない人も、撮影した映像を観ればあたかも自分がその場にいるかのような、臨場感を味わえるのです。手振れ補正にも対応しているため、初心者でも安心。

リアリティあふれる全天球映のパノラマ映像は、これまでのカメラの常識を覆す圧巻のクオリティ。尚、記録されるデータの解像度は4K(3840×1920)ではあるものの、全天球動画を閲覧するときの解像度は表示するディスプレイや表示拡大率によって変わるのでご注意ください。

手のひらにおさまる縦長のコンパクトサイズで、デニムやワイシャツのポケットに入れてもかさばりません。アクティブなシーンでも結婚式の二次会や飲み会といった大勢が集まるシーンでも活躍しますよ。

【名称】RICOH THETA V
【価格】56,700円(税込み)
【画質】静止画:5376×2688、動画:3840×1920(30fps)

Insta360 ONE


Insta360 ONE |Amazon

続いてご紹介する「Insta360 ONE」は、前後上下左右を全方位をぐるりと囲んだ、滑らか且つ自然な4K高画質に対応。動画はもちろんのころ、360度の24MP(7K)静止画の撮影も可能です。

また、高性能な手振れ補正機能も搭載し、ランニング中やサーフィン、自転車滑走中での映像撮影も、ブレのない高画質の動画を撮ることができます。アウトドアが趣味の方は、ぜひ「Insta360 ONE」での感動的なバーチャル体験を楽しんでみてください。

「Insta360 ONE」は、使いたいシーンと目的に合わせて「Insta360 ONE単体」「Bluetooth 接続」「スマートフォンに装着」の3タイプでの撮影を楽しめます。

【名称】Insta360 ONE
【実売価格】42,999円(税込み)
【対応機種】iOS9.0以降/iPhone6、6plus、6S、6Splus、7、7plus、iPad Pro、iPad、iPad Air 2
【画質】静止画:6912×3456(7K)、動画:3840×1920(4K,30fps)、スローモーション動画:2048×512(120fps)

Insta360 Nano


Insta360 Nano|Amazon

持ち物はあまり増やさずiPhoneで手軽にVR動画の撮影を楽しみたい! という方には、「Insta360 Nano」がおすすめです。iPhoneに装着すれば、いつも自分が使い慣れているスマートフォンで手軽に、臨場感のあるパノラマ映像の撮影ができるのです。

総重量72.6gと超軽量でありながら、ビデオ解像度は3040×1520、静止画の解像度が3040×1520のフルハイビジョンに対応しています。

iPhoneの液晶を確認しながら撮影ができるため失敗が少なく、撮影した映像が静止画は、スマートフォンで簡単にに編集やSNSへの投稿も可能。その場にいない人までそこにいるかのような疑似体験ができるのです。また、撮影した映像は付属のVRゴーグルをはめれば、リアリティ満載のVR体験も楽しめます。

【名称】Insta360 Nano
【実売価格】23,000円(税込)
【対応機種】iPhone6,6plus,6S,6Splus, 7,7plus
【画質】静止画&動画:3040×1520(3K)

VR体験をもっと身近に!


臨場感のあるVR動画の撮影を楽しめるのはもちろんのこと、撮影した映像や動画はInstagramやTwitter、FacebookといったSNSに投稿できる機能が搭載されています。360度カメラで撮影すれば、その場に行けなかった人も、その場に自分がいるかのような疑似体験を提供できるのです。手軽にVR体験を楽しんでみてください。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー