40,000円以下で購入できるおすすめのVRゴーグルを紹介

筆者:渡辺 結

何も予定がなく自宅でゴロゴロしているとき、気軽にプライベートシアターを楽しむことができるVRゴーグル。1,000円台でリーズナブルな価格で購入できるものも多くありますが、せっかくなら少し奮発してより高性能なVRゴーグルが欲しいもの。

そこで今回は、40,000円以下で購入できるおすすめのVRゴーグルをご紹介します。購入を検討されている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

自宅でプライベートシアターを堪能できる40,000円以下のVRゴーグル

それでは早速、自宅で手軽にVR(バーチャル・リアリティ)体験を楽しめる、筆者おすすめのVRゴーグルをご紹介したいと思います。

JiuFei 1440P Android Bluetooth WIFI HDM

JiuFei 1440P Android Bluetooth WIFI HDM」は、独立型VRゴーグル。1080Pまでのフルハイビジョンに対応しており、まるでその場にいるかのようは迫力のある映像を手軽に楽しむことができます。

「JiuFei 1440P Android Bluetooth WIFI HDM」は、スマホ不要なため、アプリのインストールも必要なく、臨場感満載な3Dビデオ、VRムービー、VRゲームといったVRの世界を思う存分味わい尽くすことができるのです。

また、英語、中国語、日本語、スペイン語、イタリア語、フランス語、ドイツ語といった合計20ヶ国語に対応しています。2D・3Dの360度パノラマ動画プレーヤーでも、映像を楽しめますよ。

Oculus Go

続いてご紹介する「Oculus Go」は、高性能スマホと合体するタイプ。モバイルVRヘッドセットに匹敵する機能を搭載しており、装着するだけでいつでもどこでも手軽に仮想現実の世界を堪能することができます。12.5×16×8.6cmのコンパクトなサイズ感で、旅行や出張先の滞在ホテルへの持ち運びもスムーズです。

また、PC用のOculus Riftよりも解像度の高い2560×1440の高速スイッチ液晶ディスプレイを搭載。最新の光学系でダイナミックでクリアな映像を手軽に手に入れることができます。焦点距離も自由に調整することができ、心ゆくまでVRの世界にどっぷり浸かれるはずです。

メタリックシルバーのカラーリングが、上品で洗練された雰囲気を醸し出してくれます。いつもテレビで見ている映画やドラマ、ゲームもひと味違った迫力のある空間を楽しめるはずです。

BURRES VR ゴーグル

BURRES VR ゴーグル」は、 2560×1440Pのフルハイビジョン対応のVRゴーグル。曇りのないダイナミックでクリアな映像が、あなたを仮想現実の世界へと連れ出してくれます。

また、FOV120度、360度視聴、Wifi2.4G、Bluetooth4.0、TFカードも搭載しているほか、「BURRES VR ゴーグル」の目元には不快感を和らげる弾力性に優れた素材を使用。

長時間の装着による目の疲れやこめかみの痛みを緩和してくれるため、不快感もなく快適です。今まで経験したことのないバーチャルの世界を思う存分満喫してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょか? 価格が高くなるほど搭載されている機能もアップします。普段見ている映像や画像も、VRゴーグルたった1つで全く違った仮想現実の世界を簡単に手に入れることができるでしょう。「VRゴーグルはほしいけれど買おうかどうか迷っている」という方もぜひこの機会に、VRゴーグルの購入を検討してみてください。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー