樹氷群が美しい! 滑らなくても楽しめるスキー場は360度カメラ撮影に絶好の場所!

筆者:渡辺 結

スキー場には、スキーやスノーボードで滑るためのコースだけではなく、手付かずの雪山の中を散策するスノーシューやスノーラフティングといったさまざまなアクティビティーが用意されています。

そんなアクティビティを楽しみながら、360度カメラで撮影して思い出に残してみるのも新しい楽しみ方と言えるでしょう。

本記事では、スキーやスノーボードができなくても楽しむことができる、アクティビティを提供しているスキー場をご紹介します。

温泉の雪景色も楽しめる!おすすめのスキー場を紹介

全身で風を感じながらの滑走も楽しいものですが、せっかくスキー場に行くのであれば余すことなくリゾート観光を楽しみたいもの。そこで今回は、スキー以外のアクティビティーや温泉施設が充実しているオススメのスキー場6つをご紹介します。

「水上高原スキー場」

群馬県利根郡みなかみ町にある「水上高原スキー場」は、お出かけ情報サイト『冬レジャー&スキー場ランキング2017』で1位に輝いたスキー場です。ファミリー層から人気の高い「水上高原スキー場」の魅力は、日本では珍しい犬ぞり体験やスノーシュー、スノーモービルといったスリル満点なアクティビティーが充実しているところ。

ちなみに、スノーモービルとは、1〜2人乗りの専用バイクにまたがり、雪が積もった真っ白な高原の中を駆け抜けるというもの。いずれも経験豊富なインストラクターが同行してくれるため、初心者でも安心してチャレンジできます。

このほか、ハンドルとブレーキのついたソリで雪の上を滑り降りるスノーレーサー、ゴムボートにうつ伏せに乗り傾斜をくだるエアボードなど、スキーとは違った臨場感を味わうことができるアクティビティーが満載です。その興奮とスリルを、ぜひ一度体感してみてください。

(詳細)
水上高原スキー場
住所:群馬県利根郡みなかみ町藤原6152-1
営業時間:9:00〜16:00

「湯沢高原スキー場」

新潟県南魚沼郡湯沢町に位置する「湯沢高原スキー場」は、子連れのファミリー層から人気の高いスキー場です。広々としたゲレンデには、「高原スノーランド」と「布場スノーランド」の計2カ所のキッズパークが併設されています。

頂上付近にある「高原スノーランド」には、トンネルスライダーを楽しめるツリーキャッスルや滑り台を併設。タイヤ状の大きなチューブに乗って雪の坂を滑り降りるスノーチュビーングや、スノーバイクを楽しむ子どもの笑い声でひと際賑わっています。

もうひとつ、ゲレンデ麓に用意されている「布場スノーランド」は、3〜4歳の小さな子ども向けのキッズパークです。大人も大好きな雪合戦や雪だるま作りやソリ遊びができるので、親子で楽しめること間違いなし。

また、東京から上越新幹線で約80分とアクセスが抜群で、最寄り駅である越後湯沢駅からは無料のシャトルバスも行き来しています。こうしたアクセスの良さも、「湯沢高原スキー場」が人気を集めている理由のひとつです。

(詳細)
湯沢高原スキー場
住所:新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢490
営業時間:8:40〜17:00

「軽井沢プリンスホテルスキー場」

長野県北佐久郡軽井沢町にある「軽井沢プリンスホテルスキー場」は、東京から北陸新幹線で約1時間の好立地。最寄り駅である軽井沢駅南口からスキー場までは、歩きでも行くことができます。

毎年、多くの外国人観光客が訪れる「軽井沢プリンスホテルスキー場」。そのすぐ目の前には、大型ショッピングモール「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」が併設されています。「East」「New East」「New East Garden Mall」など6つのエリアから構成されているモール内には、高級ブランドショップやインテリアショップ、飲食店を含めた200以上ものショップが立ち並びます。

通常価格よりも安く買えるアウトレットショップもあり、お得にお買い物を楽しみたい方にもオススメです。また、手袋やゴーグル、ニット帽といったスキー用具を取り扱うアウトドアショップもあるので、万が一スキー道具のなかで忘れ物があっても安心ですよ。

また、モール内にはボウリング場も用意されています。1ゲーム600円〜(レンタルシューズ別途料金)から楽しめます。3ゲーム以上おこなう場合はお得な「パックプラン2,110円〜」の利用もできます。家族や友達、恋人とスコアを競い合いながら、すてきな思い出を作ってみてください。

(詳細)
軽井沢プリンスホテルスキー場
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1016
営業時間:8:00〜17:00

「野沢温泉スキー場」

長野県北部に位置する「野沢温泉スキー場」は、国内のみならず海外のスノーボーダーやスキーヤーから人気を集めているスキー場です。その理由のひとつが、サラサラとした良質なパウダースノー。水分量が少ない粉状の雪質が特徴で、「宙に浮いているような浮遊感を味わえる」と多くのスキーヤーたちを虜にしているのです。

「野沢温泉スキー場」の魅力は、旅の疲れを癒やせる外湯と呼ばれる日帰り入浴施設が充実しているところ。雪が舞う温泉街の風情を楽しみながら、温泉巡りを楽しむことができるのです。

また、温泉街には地元の郷土料理を味わえるお店が数多くあります。長野県の名物である野沢菜がたっぷり入ったおやき(小麦粉で作ったおまんじゅう)を片手に、温泉街をぶらぶらしてみてはいかがでしょうか。地元ならではのお料理を楽しむのも、旅行を楽しむ醍醐味です。

(詳細)
野沢温泉スキー場
住所:長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷7653
営業時間:8:30〜17:00

「蔵王温泉スキー場」

山形県山形市にある「蔵王温泉スキー場」は、東北エリアで最大級の規模を誇るスノーリゾートです。同スキー場の名物となっている「樹氷」は、氷雪に覆われた樹木の姿がまるで怪物のように見えることからスノーモンスターと呼ばれています。

ちなみに樹氷とは、0℃以下になった水の粒が木の枝や葉にくっついて成長したもの。「蔵王温泉スキー場」には、この美しい樹氷に囲まれた景色の中を滑るコースもあります。しかし滑らない方でも樹氷群を楽しめる、オススメのツアーがあるのでご安心を。

専用の特殊雪上車から樹氷を観賞できる「樹氷幻想回廊ツアー」では、色とりどりにライトアップされた夜の樹氷を堪能できるのです。冬の間だけしか見られない幻想的な世界を、ぜひ体感してみてください。ちなみに、美しい樹氷の群れを上空から堪能できるロープウェイ山麓線往復乗車券もオススメです。往復乗車券は、同スキー場の最寄り駅である蔵王山麓駅で販売されています。

(詳細)
蔵王温泉スキー場
住所:山形県山形市蔵王温泉土合709-1
営業時間:8:15〜21:00

「トマムスキー場」

北海道勇払郡にある「トマムスキー場」は、スキー以外のアクティビティーが充実していることで有名なスキー場です。降り積もった雪の斜面をビニールシートを使って滑る「シリ滑り」や、広大な雪景色の中をボートに乗って駆け抜ける「バナナボート体験」など、冬ならではのアクティビティーが目白押し。

数あるアクティビティーの中でも観光客から特に人気が高いのが、標高1,088mの高さに位置する「霧氷テラス(夏季:雲海テラス)」での霧氷観賞。霧氷とは、0度以下に冷えた空気中の水蒸気や霧などが木々の枝について凍りついたものです。12月1日〜25日までの期間中は、霧氷のライトアップも実施されています。

幻想的な霧氷を眺めながら、テラスに併設されたカフェオリジナルのお酒「霧氷ホットラム酒」を片手に、優雅なひと時を過ごしていかがでしょうか。また、新千歳空港から乗り換えなしで60分で行けるアクセスの良さも、多くのスキーヤーたちから愛されている魅力のひとつです。

(詳細)
トマムスキー場
住所:北海道勇払郡占冠村字中トマム
営業時間:9:00〜18:00

まとめ

滑らない人でも楽しめるおすすめのスキー場を紹介しました。専用の靴を履いて手付かずの雪の中を散策するスノーシューツアーや、大きな浮き輪に乗って雪の斜面を駆け下りるスノーチュービングなど、滑らない人でも楽しめるアクティビティーがたくさんあります。また、周辺の温泉施設で旅の疲れを癒やしたり、ショッピングを楽しんだり、家族でスキー旅行を計画する際の参考にしてみてください。

そして、是非360度カメラを持って、楽しかった思い出を360度写真や360度動画におさめて見てくださいね。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー