VRゴーグルの選び方! 絶対に失敗しない選び方はあるの?

筆者:渡辺 結

一世を風靡したVRゴーグル。頭にはめるだけで、誰でも簡単にVR(バーチャル・リアリティ)の世界を味わうことができます。VRゴーグルは、その手軽さから、世界中から高い注目を集めているデバイスのひとつです。

VRゴーグルの本体のヘッド部分にスマホをセットするタイプや、スマホは使用せずゴーグル単体で仮想現実を堪能できる独立型など、さまざまな種類があります。そのため、どのVRゴーグルを選べば良いのか分からない、という人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたのために、今回は失敗しないVRゴーグルの選び方をご紹介します。VRゴーグルの購入を検討している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

VRゴーグルの種類とそれぞれの特徴は?

スマホ用VRゴーグル

「スマホ用VRゴーグル」は、iPhoneやAndroidといったスマートフォンを、VRゴーグル本体のヘッド部分にセットして使うタイプ。専用のアプリを起動してVRゴーグルにセットすれば、これまで平面で見ていた写真や映像、Youtube動画も没入感のある仮想世界を堪能することができます。

「スマホ用VRゴーグル」は、1,000円~5,000円以内とリーズナブルな価格で購入できる商品が充実。そのため、VRゴーグル初心者の方は、「スマホ用VRゴーグル」がおすすめです。

ハイエンド型VRゴーグル

「ハイエンド型VRゴーグル」は、モニターが本体に内蔵されているタイプです。スマホ用VRゴーグルと違い、高画質で臨場感を楽しめるレンズを使用しているうえに、大画面のモニターを搭載しています。そのため、目の前に迫り来るようなダイナミックな映像を堪能することができるのが特徴。

「ハイエンド型VRゴーグル」の場合は、フルハイビジョンに対応しているため、スマホ用VRゴーグルよりも販売価格が10,000~50,000円と高額になるものもあります。自宅で本格的なVR体験を楽しみたい方は、「ハイエンド型VRゴーグル」が良いでしょう。

絶対に失敗しないVRゴーグルの選び方は?

それでは早速、VRゴーグルの選び方を見ていきましょう。これからご紹介するポイントさえ掴んでおけば、「思っていたのと違った」と買ってから後悔することもないはずです。

視野角で選ぶ

そもそも視野角とは、液晶ディスプレイの性能を表す専門用語のひとつで、VRゴーグルを装着したときに目に写る範囲のこと。VRの一般的な視野角は90~120度だとされています。

視野角が広いほど、見える映像範囲が広くなるため、よりリアルなVR体験を楽しむことができるんです。そのため、VRゴーグルを選ぶときは、視野角の広さも確認しておきましょう。

メガネをつけたままでも使用可能だと尚良し

視力が悪くてメガネをかけている場合は、メガネをつけたままでも使用可能なVRゴーグルを選びましょう。メガネを外すと、視界がぼやけてせっかくのVRの世界も台無しになってしまうかもしれません。

ただ、メガネをつけたまま使用するVRゴーグルの懸念点は、めがねフレームの締め付けで頭が痛くなるという点。最近のVRゴーグルは、皮膚に触れる部分に弾力性の高いクッション素材を用いている商品も数多くあります。また、シルクのような肌触り滑らかな素材を使用しており、長時間の使用でも不快感がありません。

まとめ

いかがでしたでしょか? VRゴーグルを選ぶときは、価格だけではなく「スマホ用VRゴーグル」or「ハイエンド型VRゴーグル」といった種類を把握し、視野角も必ずチェックしましょう。今回ご紹介したポイントさえ掴んでおけば、「買ってよかった!」と思える1台と出会えるはずです。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー