360度カメラの変わり種を紹介。大切な家族を見守る360度の見守りネットワークカメラ。

筆者:渡辺 結

一人暮らしで猫や犬を飼っている人の中には、「ペットを買いたいけれど、自宅を留守にしている間にいたずらをしないか心配」「数日家を留守にしている間のペットの様子が心配」というような悩みを抱えている人も一定数いるはずです。

そこで今回は、離れた場所からも大切なペットの自宅での様子を確認できる、360度の見守りカメラをご紹介します。普段ご紹介しているTHETAなど手持ちタイプとは異なりますが、ペットの見守りはもちろんのこと、幼い子供の安全確認や防犯対策にもなるためおすすめです。

離れていてもペットの様子をスマホで確認できる! 360度の見守りカメラを紹介

自宅で留守番中のペットの様子を、離れている場所からでもスマホやPCで簡単に確認できる見守りカメラ。ペットが悪さしていないかどうかを確認できるのはもちろん、広範囲を撮影できる見守りカメラを取り入れることで、防犯対策にもなりますよ。そのため、急な出張や帰省で数日間、自宅を留守にするときでも安心です。

HIJUNMI HEC30

HIJUNMI HEC30」は、水平340度、垂直75度の回転機能を搭載した室内用の見守りカメラです。上下左右左右、全方位360度をパノラマで室内の様子を撮影することができます。

専用アプリをスマホにインストールしておけば、通勤中の電車の中、旅行や出張中の滞在先のホテルからいつでも、自宅で留守番中の大切なペットの様子を確認できるのです。

また、「HIJUNMI 屋内用360度パノラマ 見守りカメラ」本体にマイクとスピーカーを内蔵。ペットに話しかけることができるので、離れていてもすぐそばに飼い主がいるよう安心感を与えることができますよ。「HIJUNMI 屋内用360度パノラマ 見守りカメラ」は、1080Pのフルハイビジョンカメラを搭載しており、超高画質でリアルな撮影が可能です。

Trackbee IPカメラ

Trackbee IPカメラ」は、パンダのようなビジュアルがなんとも愛らしい360度の見守りカメラ。動体機能検知を搭載しており、撮影しているエリア内で何か動きがあった場合は、スマホにアラームで知られせてくれる通知機能付きです。そのため、自宅で留守番をしているペットの様子を確認できることはもちろん、不審者の侵入を防ぐ防犯対策にもなるのです。

また、専用のアプリをダウンロードしておけば、スマホで「Trackbee IPカメラ」本体レンズの位置を変えることができます。赤外線機能も付いているため、日中だけでなく暗闇での撮影も可能。専用アプリは、 iOS、Android、Windowsに対応しています。

Panasonic ネットワークカメラ KX-HC600-W

Panasonic ネットワークカメラ KX-HC600-W」は、高さ115mm×幅77mm×奥行き77mmのコンパクトタイプの見守りカメラです。そのため、置き場所を取らず、キッチンやリビングの棚など狭い場所にも設置可能。

さらに、「Panasonic ネットワークカメラ KX-HC600-W」本体の重量は270gと非常に軽量であることから、手軽に持ち運びができ置き場所の変更もスムーズです。

また、初期設定の際に撮影位置を登録しておけば、カメラレンズの位置をスマホ操作で簡単に変更することができます。温度センサー機能も付いているため、外出先から自宅の温度を確認することも可能です。日中、部屋の温度が上がる夏場や、室内が急激に冷え込む冬場に重宝します。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 一人暮らしの方はぜひ、室内で留守番中のペットの様子をスマホやPCから確認できる見守りカメラを購入してみてください。「自宅でいたずらしていないだろうか?」といった心配事もへるため、出張や旅行中も安心です。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー