360度カメラで撮影してみたい!インスタ映えする撮影を楽しめる全国のおすすめ民宿

筆者:渡辺 結

地方を観光するときに困るのが宿選び。移動にも便利な駅の近くのビジネスホテルに泊まる人もいれば、都会の喧騒を忘れさせてくれる温泉旅館に泊まる人など、宿泊スタイルは千差万別です。

せっかくなら、地方ならではの雰囲気を存分に味わえる民宿に泊まってみてはいかがでしょうか? ビジネスホテルやリゾートホテル、温泉旅館よりも低価格で泊まることができるうえに、成田や羽田空港からのアクセスの良さ、観光スポットへの移動手段も抜群です。

そこで今回は、インスタ映えする写真撮影も楽しめるおしゃれな民宿をご紹介します。360度カメラでも撮影してみたくなる趣のある外観や、景色も楽しめますよ!

インスタ映え間違いなし!魅力的な民宿4選

GRIDS Nihonbashi EAST HOTEL(東京都・日本橋)

「グリッズ日本橋イースト」がある日本橋は、江戸幕府が始まった1603年から町人が住む下町として栄えていたエリア。2016年1月15日にオープンしたばかりの施設内は、おしゃれで洗練された雰囲気が漂います。

同ホテルの最寄駅である、東日本橋駅(都営地下鉄浅草線)までは、羽田空港から電車で40分、成田空港からは80分とアクセス抜群です。いずれも直通で行くことができるので、重い荷物を持ちながら移動する大変さが少なく済みます。

すべての客室に無料Wi-Fiが飛んでいるほか、24時間利用可能なランドリーも完備されています。こうした利便性の高さ、居心地の良さから、国内のみならず多くの外国人観光客から高い人気を集めているのです。

(詳細)
GRIDS Nihonbashi EAST HOTEL
住所:東京都中央区日本橋久松町4-7
公式HP:https://www.grids-hostel.com/hostels/nihonbashi-east/jp/

The Ryokan Tokyo YUGAWARA(神奈川県)

2016年3月1日にオープンした「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」は、外国人観光客が喜ぶ、エンテーテイメント要素が満載の新感覚の民宿です。

4名から泊まれる8畳の和室の襖には、世界文化遺産に登録されている富士山がダイナミックに描かれています。室内にいながら、風情豊かな日本の魅力を思う存分味わうことができるのです。

ちなみに、同施設がある湯河原は、夏目漱石や与謝野晶子、芥川龍之介といった名だたる文豪たちが、執筆活動をおこなった場所としても有名なエリアです。日本文学は訪日外国人からも人気があるので、日本の文化を堪能できる場所としても人気があります。

(詳細)
The Ryokan Tokyo YUGAWARA
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上742
公式HP:https://www.theryokantokyo.com/

toco.(東京都・台東区)

東京都台東区にある「toco.」は、築90年の古民家を改装したゲストハウス。羽田空港から40分、成田空港から1時間30分前後で行くことができ、アクセスも良好です。同施設から歩いてすぐの「上野駅」は、外国人観光客から人気の高いアメヤ横丁や上野動物園があります。

チェックインを済ませてから、周辺をブラブラ歩いて散策してみるのも良いかもしれません。日本に着いてすぐ、観光スポットを見てまわれる利便性の高さも、外国人観光客から人気を集めている魅力のひとつです。

また、同施設の入り口は、昼は宿泊客のリビングとして、 夜は一般客も出入りが自由なバーとして利用することができます。宿泊者同士、近隣に住む地元の人との新たなコミュニティを作るきっかけになるのです。

(詳細)
toco.
住所:東京都台東区下谷2-13-21
公式HP:https://backpackersjapan.co.jp/toco/

1166 バックパッカーズ(長野県)

長野市善光寺門前にある「1166 バックパッカーズ」は、築80年の建物をリノベーションしたゲストハウス。一人でまったりくつろぎたい人は「PRIVATE ROOM(6,000円〜/1名利用)」を、女性だけでワイワイ楽しく過ごせる「女性専用相部屋(2,800円〜/1名)」という具合に、バリエーションに富んだ宿泊プランが用意されています。

素泊まり、相部屋、連泊などあらゆる宿泊スタイルにも柔軟に対応してくれるうえ、追加のシーツ、テーブル、座布団、ハンガー、コンセントの貸し出しも無料。

しかも、手触りの良さと質の高さが海外でも認められ、今や日本の誇るブランドにもなっている「今治タオル」も無料で使うことができるんです。その土地ならではの特産品を提供できることにより、地元のPRにもなります。

(詳細)
1166 バックパッカーズ
住所: 長野県長野市西町1048
公式HP:http://1166bp.com/

ゲストハウス蔵 (長野県)

今はあまり見かけなくなった、日本家屋を利用した「ゲストハウス蔵」。古き良き日本の文化を謳歌できるとして、毎年多くの外国人観光客が足を運んでいます。

そんな、ホッと落ち着くような佇まいの同施設に泊まるなら、「 蔵の相部屋(1泊3,000円〜/1名)」が断然オススメです。ドミトリータイプのこちらのプランは、広々とした和室に布団を敷いて寝るスタイル。男女で部屋が分かれているので、一人旅の女性旅行者でも安心です。

(詳細)
ゲストハウス蔵
住所:長野県須坂市本上町39
公式HP:http://www.ghkura.com/

まとめ

ここ近年は、「地方創生」「地方活性化」といった、地方を盛り上げる動きが活発になっています。そんな今の時代だからこそ、昔ながらの雰囲気を生かした民宿もひとつの選択肢ではないでしょうか?

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー