手振れ補正機能に優れたおすすめの360度カメラ

筆者:渡辺 結

360度カメラで景色や集合写真・映像を撮影するとき、なかなか安定せずに被写体がブレてしまうことってありませんか?

せっかく写真を撮るのであれば、ピントの合ったきれいな写真や映像をカタチとして残しておきたいですよね。

今回は、超強力な手振れ補正機能を搭載した、筆者おすすめの360度カメラをご紹介します。手ブレ補正がしっかりしていると、星空や街並み、風景の写真も驚くほどきれいに撮影できますよ。

超強力な手ぶれ機能を搭載!写真好きの筆者がおすすめする360度カメラ厳選3選

360度の扱いに慣れてくると、「もう少し高画質な映像や静止画を撮影したい」「防水性の高いものがいい」などあれこれと欲が出てきてしまうもの。そのひとつとして挙げられるのが手振れ補正機能です。

旅先で撮影した写真が全部ブレブレだった……なんてことにならないよう、誰でも簡単にきれいな撮影が楽しめる手振れ補正機能が付いたおすすめの360度カメラをご紹介しましょう。

Insta360 ONE X

「Insta360 ONE X」は、2018年10月に発売されたばかり。「Insta360 ONE」のん最新モデルとして、多くの360度カメラ愛用者から高い注目を浴びています。

「Insta360 ONE」は、スマートフォンのカメラ部分に装着するだけで、誰でもワンショットでパノラマ撮影ができる手軽さと操作性の高さから、人気を浴びていました。しかし、ピントの甘さに頭を抱えていた人も多くいるのではないでしょうか?

今回新たに登場した「Insta360 ONE X」は、超強力な手ぶれ機能と搭載しています。そのため、片手操作でもブレのない鮮明度の高い写真・映像を撮影することができるんです。

また、幅48mm×高さ115mm×厚さ28mmの超コンパクトで薄型のボディを実現。ジャケットやアウター、デニムのポケットに入れてもかさばらず携帯性も抜群です。バッテリーを入れても115gと超軽量で、旅行先やアウトドアの際も持ち運びがスムーズ。

RICOH THETA V

「RICOH THETA V」は、多くの360度カメラユーザーから圧倒的な支持を集めている360度カメラのひとつ。

THETA Vには、加速度センサーに加えてジャイロセンサーも搭載。天頂補正と強度の手ブレ補正の精度に優れていることから、片手を伸ばして静止画や動画を撮影しても、ブレのな撮影が可能に!

重量も121gと軽量で、荷物が多くなりがちな旅行や出張先にも気軽に持っていけますよ。細長のシルエットで手のひらにスッとおさまるため、デニムやアウターのポケットに入れておいても、撮影したいときにサッと取り出して手軽な撮影を楽しめます。

GoPro Fusion

最後にご紹介するのは、2018年4月に発売された「Go pro fusion」。アクションカムメーカーとして知られるGoProから満を持して登場した、全天球の撮影ができる360度カメラです。

「GoPro Fusion」の最大の特徴は、手振れ補正が強力で安定性のある撮影ができる点。純正ソフト「Fusion Studio」やスマホアプリを使用して手振れ補正をかければ、ピントの合った美しい映像に仕上げることができます。

このほか、5Kの動画や18MPの静止画に対応しているため、山の山頂や大草原の大パノラマも、誰でも簡単にダイナミックな撮影を楽しめるんですよ。水深5mまでの防水にも対応しており、水しぶきが上がるクルージングの様子や子どもが海やプールではしゃぐ様子も撮影可能。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回ご紹介した360度カメラを使えば、休暇中に訪れた旅行先で、友人や恋人と訪れた観光スポットでの撮影も、ピントの合った素敵な思い出を撮影することができます。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー