ホラー好き必見!東京都内でスリリングなVRホラーをできるスポットを紹介

筆者:渡辺 結

自宅でホラー映画を楽しむのも楽しいけれど、せっかくなら目の前に迫り来る迫力あるVR体験を楽しみたいと思いませんか? カップルでも家族でも、もちろん1人でも楽しめること間違いありません。年末は、スリリングなVRホラーを体験してみるのも良いかもしれません。

目の前に迫り来る恐怖! ホラー好きにおすすめなVRホラー体験のおすすめスポット

ホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)

「VR ZONE SHINJUKU」に特設されているホラー体験エリア。制限時間は10分のプレイ時間の中で、VRゴーグルを装着して病院の迷路を脱出するというものです。

薄暗い廊下を進むと、ホラーの定番であるドアの向こう側に幽霊が潜んでいたり、壁から急に何かが飛び出してきたり、ハラハラドキドキのVRホラー体験が楽しめます。

2~4人で一緒に体験でき他のプレイヤーと会話ができるため、ホラーが苦手な方にとっては心強く安心。

ただし、ルートを間違えたりトラップに引っかかってしまったりした場合は、その自店でゲーム終了に……。また、人質になったプレイヤーを救助するというミッションも発生し、手に汗握りながらスリル満点なゲームを楽しんでみてください。
絶叫エンターテインメント「VR ZONE SHINJUKU」
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-29-1
営業時間:10:00~22:00(最終入場時間21:00)
定休日:年中無休

TYFFONIUM

ダイバーシティ東京プラザ5Fに併設されている、MRシアターです。現実世界(AR技術)と仮想世界(VR技術)をミックスさせた、臨場感のあるアトラクションを楽しむことができます。

自分の姿はもちろん、一緒に行った恋人や友人の姿も見えるため、現実なのか仮想空間なのか、自分がどちらの世界にいるのかわからなくなってしうまうほど。

船に乗って海を対する「FLUCTUS」と「CORRIDOR」の2つのアトラクションが用意されており、人気を集めているのが廃墟の洋館を舞台にしたVRホラーアトラクション「CORRIDOR」です。

ランタンの灯りだけを頼りに、出口を目指して廃墟となった洋館の中を進んでいくというスリル満点のアトラクション。まるでホラー映画の世界に入り込んでしまったかのような没入感は、リアルな現実そのものです。飛び出すモンスターや悲鳴が恐怖感を煽り、恋人との仲を深めてくれるはず。

(詳細)
TYFFONIUM
住所:東京都江東区青海1-1-10
営業時間:10:00〜21:00
定休日:ダイバーシティ東京 プラザに準ずる

まとめ

ホラーというと夏のイメージが強いかもしれませんが、冷たい冬の空気が鳥肌が立つような恐怖心を煽りハラハラドキドキ体験ができるはずです。今年の冬は、恋人とのデートプランにVRホラー体験を取り入れてみてはいかがでしょうか?

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク