子どもの成長記録には360度カメラがおすすめ!保育園や幼稚園でもVRの導入が進む

筆者:小林 悠樹

子育てにカメラは欠かせませない存在ですが、カメラと一口に言っても、ビデオカメラ、デジタルカメラ、一眼レフなどその種類はさまざま。最近はスマホ搭載のカメラ性能が上がってきたので、「スマホで十分」という方も増えています。

そんななかで今回、子育てをしている方にこそおすすめしたいのが「360度カメラ」です。360度カメラは子どもの成長記録を残すのに最適で、一眼レフやスマホカメラにはない魅力があります。この記事では、子育てをしている方に360度カメラをおすすめしたい理由を解説したい思います。ぜひ参考にしてみてください。

360度カメラなら写真の裏側を記録できる

ごく一般的なカメラは、一定方向の情報しか記録できません。基本的には被写体がメインになるので、画角の外側にある物・人は映り込めません。

しかし、360度カメラはそうではありません。「全天球カメラ」と呼ばれるように、360度全方位を撮影することができます。いうなれば被写体は「空間」そのもの。これまでは子どもしか写せませんでしたが、それを撮影しているパパ、その隣で微笑んでいるママ、部屋の壁にかかっている絵など、「写真の外側」までをしっかりと記録に残すことができます。

360度カメラでタイムスリップができる

360度カメラで撮影した写真や動画をVRゴーグルで見れば、小さいころの写真を見返すことで、自分が育ってきた環境をつぶさに知ることができます。つまり、360度カメラは過去へタイムスリップができるツールになりえるのです。360度カメラがこの世に生まれてまだ間もないので、現段階では数年前の写真までしか見返すことはできませんが、時間が経つにつれ360度カメラの魅力はさらに増していくのではないでしょうか。

いまご家庭に小さいお子さんがいるのであれば、その風景や生活をカメラに残してあげましょう。そうすれば将来子供が大きくなった時に、「どんなところで育ってきたのか」「幼少期にどんな子だったのか」を子供自身が知ることができます。それを親子で見ながら、昔話をするのもきっと楽しいでしょう。

保育園や幼稚園でも360度カメラ・VRの導入が進んでいる

最近では、保育園や幼稚園でも360度カメラ・VRの導入が始まっています。東京都にある私立矢口幼稚園では園の様子を360度カメラで撮影して、VRの記念アルバムを制作しています。子どもたちの表情やしぐさ、教室の雰囲気全体をすべて記録することができるので、保護者にとっても好評だそうです。

360度カメラであれば、特定の子だけでなく全体を撮影できるので「自分の子が写っている写真が少ない」という不平不満もでにくくなるというメリットもあるみたいです。

参考URL:【近ごろ都に流行るもの】思い出がVRで仮想現実に 「幼保園向け写真サービス」|産経新聞

子育て記録を残すなら360度カメラTHETAがおすすめ

360度写真撮影におすすめなのが「RICOH THETA」です。シリーズの中でも「THETA SC」は価格・機能のバランスがよくコストパフォーマンスが高いカメラです。THETAシリーズは、インスタグラムやFacebookなどのSNSアプリとの相性もいいので、周りと差がつく写真で「いいね!」がたくさんもらえること間違いなし!

まとめ|今しかない瞬間を360度カメラで残しておきましょう

360度カメラは、子育て真っ最中の方にこそ使ってほしいツールです。子どもの成長はあっという間。大きくなってからでは、その姿を残すことはできません。ぜひ子どものためにも360度カメラを活用して、今だけの瞬間をカメラに収めましょう。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー