スキーシーズン到来!360度カメラの撮影がもっと楽しくなる日本全国のゲレンデ食がおいしいスキー場特集

筆者:渡辺 結

その土地ならではのグルメを堪能するのも、スキー旅行の楽しみのひとつです。今回は、ゲレンデ食がおいしいことで知られる人気のスキー場をご紹介します。

盛岡三大麺の盛岡冷麺が絶品「安比高原スキー場」

最初にご紹介する「安比高原スキー場」は、東北エリア最大規模を誇るビッグゲレンデ。コース幅が300mもある「白樺ゲレンデ」をはじめ、最大傾斜28度の「カッコウコース」、高低差620mのダウンヒルを楽しめる「ハヤブサコース」など、変化に富んだ21種類以上のコースが配置されています。ほとんどが1,000mを超えるロングコースとなっており、1度に長い時間滑ることができます。

ゲレンデ麓の「安比プラザ内」には、安比高原牧場手作りのゴーダチーズをトッピングした「温玉焼きチーズカレー」、牛スジ煮込みとラーメンの相性が抜群な「牛モツらーめん」など、絶品グルメが豊富に用意されています。

どれもおすすめですが、ぜひ食べていただきたいゲレンデ食は、郷土料理八幡平で提供されている盛岡冷麺。盛岡三大麺のひとつで、岩手県盛岡市を代表する定番グルメとなっています。コシが強くつるっとした喉越しと、甘辛のスープが絶妙に絡み合い一度食べれば病みつきに。ぜひ一度ご賞味ください。

(詳細)
安比高原スキー場
住所:岩手県八幡平市安比高原
営業時間:8:30~16:00、ナイター16:00~20:00

海の幸を堪能できる「シャルマン火打スキー場」

新宿駅から中央線と北陸新幹線を乗り継ぎ、糸魚川駅まで約3時間。そこからバスで1時間ほどの場所にあるのが「シャルマン火打スキー場」。雪深い山奥に位置していることから、1月下旬は4mを超える高さまで雪が降り積もります。12月中旬から5月下旬までロングシーズンスキーを楽しめると、多くのスキーヤーから高い人気を集めているのです。

ゲレンデには、体が宙に浮くような浮遊感を味わいながらの滑走を楽しめる「プリンセス」や緩急が激しい「飛山」といった非圧雪コースが充実。このほか、1,600mのロングラン「ヴォレー」、コース幅が広く滑走者とぶつかる危険が少ない「エビアン」などの、初心者向けのコースもたくさんあります。

「シャルマン火打スキー場」で人気のゲレンデ食といえば、新鮮な海鮮料理。新潟県産コシヒカリ100%の炊きたて白ご飯の上には、エビやマグロ、ホタテ、醤油漬けしたイクラが豪快にトッピングされています。山奥にいながら海の幸を堪能できるのは、日本海から近い場所にある「シャルマン火打スキー場」ならでは。

このほかにも、自家製チャーシューが絶品のラーメン、サクサクのカレーパンなど豊富なメニューが用意されています。家族や友人とシェアしながら、色々なゲレンデ食を食べ比べしてみるのも良いかもしれません。

(詳細)
シャルマン火打スキー場
住所:新潟県糸魚川市西飛山1821
営業時間:8:30~16:15(変動あり)

地元の絶品グルメを堪能できる豊富な食事メニュー「上越国際スキー場」

「上越国際スキー場」は、標高1,017mの当間山の麓に広がるマウンテンリゾート。ゲレンデは「フォレスト」「パノラマ」「アクティブ」「マザーズ」の4つのエリアで構成され、全長6,000mの「ファミリー林間コース」やコース幅が広い「当間第1ゲレンデ」など、合計20種類以上の多彩なコースが用意されています。

ゲレンデ直結の宿泊施設「ホテルグリーンプラザ上越」目の前には、「キッズパラダイス」も併設。そりやスノーチュービング、スノーストラーダーといった子ども向けのアクティビティーが充実しています。

「上越国際スキー場」に行ったらぜひ食べておきたいゲレンデ食は、パノラマ第3ロマンスリフト乗り場前で販売されている「焼きたて黄金餅の特製おしるこ」。

慣れない雪の上では歩いて移動するだけでも体力を消耗するため、滑ったあとはクタクタに疲れてしまいます。そんなときには、甘いものが食べたくなるものですよね。

ほかにも、揚げたての天ぷら数種類が豪快にトッピングされた「天丼」、バターと醤油の相性が絶妙な「バターうどん」、新潟名物のタレカツ丼など、空腹を満たしてくれる絶品グルメが満載です。

(詳細)
上越国際スキー場
住所:新潟県南魚沼市樺野沢112-1
営業時間:8:00~17:00、ナイター17:00~21:00

福島県のご当地グルメ「ソースカツ丼」が絶品「会津高原だいくらスキー場」

「会津高原だいくらスキー場」は、ファミリースキーヤーに人気のスノーリゾート。なだらかな傾斜の「白樺アウトコース」や、自分のペースでのびのびと練習ができる「初心者コース」など、小さな子どもや未経験者が安心安全に滑れる多彩なコースが充実しています。

ある程度滑れるようになったら、スピードを出しながら爽快感を味わえる「春木沢インコース」「春木沢アウトコース」などにも挑戦してみてください。

「会津高原だいくらスキー場」では、「会津地鶏の親子丼」「だいくら特製カレーライス」などバリエーション豊かなメニューが用意されています。数あるゲレンデ食の中で人気が高いのが、第1ロッジ食堂で提供されている「ソースカツ丼」です。

「ソースカツ丼」は、福島県のご当地グルメのひとつで、一口頬張ると甘口ソースを絡めたカツの肉汁が口の中いっぱいに広がります。炊きたてのご飯、シャキシャキ食感のキャベツとの相性抜群で、食べ応えも十分。

(詳細)
会津高原だいくらスキー場
住所:福島県南会津郡南会津町針生字昼滝山857-150
営業時間:平日8:30~16:00、土日祝日8:00~16:30(変動あり)

食べ物を360度カメラで撮影してみよう!

美味しいグルメは、普通のカメラで撮影しても楽しいですが、ちょっと変わったカメラで撮影するとよりユニークな写真を残すことができます。

オススメは、RICOH社が開発したRICOH THETA。その中でも、RICOH THETA SCは、静止画の360度写真を撮影するのに向いています。

360度カメラで食べ物を上手に撮影する方法は以下の記事を御覧ください。

THETAで食べ物を撮ろう!360度カメラで食べ物を撮影するコツとテクニックを紹介!

ゲレンデ食もスキー旅行の楽しみのひとつ!

いかがでしたか? ゲレンデ食がおいしいことで知られるおすすめのスキー場をご紹介しました。地元ならではの郷土料理を手軽に食べられるのも、スキー旅行の楽しみのひとつです。スキー場を訪れた際は、その土地でしか食べられないお料理も堪能してみてください。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク