愛猫がARの世界に出現!最新技術を駆使した猫ハウス「にゃんころ家AR」

筆者:阿久津 碧

株式会社CAMPFIREが運営する、大手クラウドファンディングプラットフォームであるCAMPFIREに、愛猫とARのコラボが楽しめる猫ハウス「にゃんころ家AR」が登場しました。にゃんころ家ARでは、ARアプリとダンボール製の戦車などを組み合わせることで、愛猫がまるでゲームの世界に飛び込んだかのような面白い写真を撮ることができます。様々な遊び方が楽しめると同時に、愛する猫との幸せな時間を過ごすことができる同アプリについて、今回はご紹介していきます。

「にゃんころ家AR」とは

にゃんころ家ARは、前述した通り愛猫とARのコラボが楽しめるARアプリです。ベースとなるのはダンボールで作られた戦車型の猫ハウスで、猫が入りやすいように計算されて作られた入り口や、香箱座りしやすいスペース、猫じゃらしを捕まえやすい穴など、猫が気に入るポイントをふんだんに盛り込んだものとなっています。

猫戦車はいくつかのパーツに分かれたダンボールを組み立てるだけなので、誰でも簡単に作ることができます。残念ながら走行することはできませんが、床に置いておくだけでも猫が飛び込みたくなるような見た目をしています。

専用のARアプリを起動して、付属のシートにカメラを向けると、そこに立体的な建物や砂場などの世界が現れます。これに猫戦車と組み合わせて使うことで、愛猫がまるで勇ましい戦士になったかのような世界観を作ることが可能です。

猫だけでなく、小型であれば犬も利用することができるそうなので、サイズなどをチェックした上で支援を検討してみるのも良いと思います。

にゃんころ家ARを開発・販売するのは、スペックコンピュータ株式会社が運営する「ネコハピ」です。「猫とハッピーになる」というキャッチフレーズを掲げながら、猫と人が笑顔になれる猫グッズを作っているそうです。今回のARアプリも、猫と人が一緒になって楽しめそうなグッズであることは間違いありませんね。

にゃんころ家ARの楽しみ方は様々

同アプリの楽しみ方は、何も愛猫と一緒に遊ぶことだけではありません。アプリ内で写真を撮ることもできるので、撮った写真をSNSに投稿したり、家族や友人と共有したりして楽しむこともできます。

普段からSNSなどに愛猫の写真をあげている人であれば、「もっと我が子の色んな表情を見てほしい」と思うこともありますよね。にゃんころ家ARを利用すれば、戦車内に入ってくつろぐ猫の様子や、戦車の上から飛び出てくる猫のベストショットを撮ることが可能です。

普段とは全く異なった舞台で、猫の様々な表情を捉えることができるでしょう。それをSNSにアップしたり、人と共有したりすることで、ARアプリを使用しているときだけでなく、その場その場で笑顔が生まれること間違いなしです。

選挙で選ばれれば愛猫がARキャラクターに

にゃんころ家ARのセット内容は、標準セットで猫ハウスが一つとARシート1枚、ARカード6枚となっており、それとは別にiPhoneやAndroidなどの端末で専用のアプリをダウンロードすることになります。

その他にトートバッグがついてくる「ネコハピトートバッグセット」や、「にゃんころ48選抜選挙セット」というものもあります。にゃんころ48選抜選挙セットは、標準セットに加えて「にゃんころ48選抜選挙」に立候補できる権利を取得できるセットです。

にゃんころ48選抜選挙とは、ネコハピが開催する予定となっている選挙で、こちらの選挙で選ばれた上位7匹の猫は、ARキャラクターとなってAR空間に登場することができます。

無事7位までに入選することができれば、標準セットにプラスして愛猫がモデルとなるARキャラクターが出現するARカードが獲得できます。軍服に扮した愛猫がARキャラクターとなってAR空間に出現するなんて、とてもわくわくしますよね。

最新技術で広がるペットとの可能性

VRやARといった技術の進化で、私たちの生活や娯楽にも様々な変化が生まれてきています。VR世界で旅行をしたり、映画を観たり、ARを出現させて失われたものを復元させたり、外で二次元キャラクターと写真を撮ったりするなど、今現在でも多くのものがあります。

今回ご紹介したアプリでは、愛猫がARの世界に飛び込んで遊ぶ姿を写真として記録することができます。これはペットとの、新たな思い出の残し方として、今後選択肢の一つに入ってくるのではないかと私は思います。

自身の飼っているペットをARキャラクターとしてデザインし、普段連れて行くことができない場所で出現させたり、長い出張や、旅行で会えない間もVR空間でペットと会うことができたりする未来が現実になるかもしれません。

そうやってペットと触れ合う時間がより多くなれば、その分愛情もどんどん増していくのではないでしょうか。いつでもどこでも愛するペットを身近に感じることができれば、疲れていたり落ち込んだりしていても、元気をもらえそうですよね。

終わりに

今回ご紹介した「にゃんころ家AR」の支援期間は2019年3月18日までです。このプロジェクトは目標金額に到達しなければ成立しないAll-or-Nothing方式ですが、2月現在約2万円の支援金が寄せられています。残りの時間を考えるとなかなか厳しい側面もありますが、新たなペットとの交流方法として是非達成してほしいですね。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー