VR体験で仕事を決める!就職現場に飛び込んだVRの影響力

筆者:阿久津 碧

2019年1月26日(土)に秋葉原にて行われた「仕事発見フェア」でVR職場体験の展示が行われました。当サイトでも以前、リクナビが360度カメラを導入したことを記事でお知らせしましたが、今回はVRが就活現場に活用された事例となっています。

8割が「決め手になる」と感じたVR職場体験

イベントで展示されたVR職場体験では、飲食店のホールやキッチン、宅配ドライバーなど様々な職業を体験することができました。

実際に会場を訪れた体験者の方にアンケートを取ったところ、およそ8割の方が「VR職場体験が仕事を決定する決め手になると感じた」と回答しており、非常に高評価を得られました。

「VR職場体験を同イベントの来場目的としていた」という回答をした人は1位の「情報収集目的」に次いで多く、事前の注目度の高さもうかがえます。

体験を行なった人だけではなく、企業側にとっても嬉しい効果がありました。VR職場体験を導入した企業は、そうでない企業よりも1.3倍面談数が多く、沢山の参加者に興味を示してもらえるという結果になりました。

疑似体験を通して、その業界や企業をもっと知りたいと思ってもらえたわけですから、若手社員を獲得したいと思っている企業側としては、導入する価値は十分にあるのではないでしょうか。

働いている姿をイメージできる

体験者側から見るVR職場体験のメリットは、自分が働いている姿を明確にイメージできるという部分にあります。

「こんな仕事をするのだろうと思って入ったら、全然違うことをやらされた」をなくすのに、VR職場体験はぴったりです。

残念ながら「何となくこの業界はこんなことをやるのだろう」、という業界研究が甘い就活生は毎年一定数存在するのですが、彼ら一人ひとりの意識改革をするのは簡単ではありません。

ですがそもそもの業界研究手段としてVRが浸透すれば、認識の齟齬を簡単になくすことができるのです。これは長い目で見れば、早期の離職などを減らすことにも繋がるかもしれません。

また、業界研究をしっかりと行なっていても、自分の「得意」を正確に認識していなかった、という場合にもVR職場体験は有効です。

体験する前は苦手だと思っていたことが意外に得意だったり、その逆だったりという発見を就職前に見つけることができるので、業界の選択肢が変わったり増えたりすることがあるかもしれません。

そして何となく流してしまいそうですが、働く側からの目線が見られる新鮮さというのも大きいです。

日頃我々が生活をしていく中で、様々な職業を目にします。コンビニや書店、飲食店の店員や鉄道会社の駅員、清掃員や公務員、病院関係者、警察官など本当に様々です。

しかしその大半の職業に対して、私たちは深く知りません。彼らが働いている姿を見て、大体こんな仕事をやっているのだろう、ということは推測できても、それはほんの一部分に過ぎません。

今回仕事発見フェアで展示されたVR職場体験では、それらの仕事を内側から知り、体験することができます。お客さんとして見ているだけでは、テレビなどで見聞きしただけでは知ることのできない苦労を直に体験できるのです。

これからその仕事に就くかもしれないと考えている人にとって、これほど役立つ体験は他にないでしょう。今後こういった、働く側からの目線を体験できる環境が、もっと増えていってくれれば嬉しいと思いました。

就職活動の短縮効果も期待できるか

この記事でご紹介している職場体験は、イベントに合わせて展示された限定的なものですが、将来的にはこういった体験が自宅のパソコンからもできるようになるのではと考えています。

現在でも企業の様子を360度カメラで見ることができるサービスなどが展開されており、就活生の職業選択を助けていますが、VRもその一つとなるはずです。

自宅で職業体験ができるようになれば、業界研究やインターンなどの一部が自室で完結することになるので、就活の負担も大きく減るでしょう。合同説明会に足を運ぶ必要性も薄くなるので、時間の節約にもなります。

そうしてある程度調べ上げた企業の中から特に気になるものに関しては、実際に足を運んで企業説明会などで更に詳細な話を聞きます。この段階になってから企業を訪問すれば、時間短縮になるのもそうですが、志望度の高い企業に絞ってエントリーできるはずです。

数もある程度減ってくると思うので、説明会や面接のダブルブッキングも防ぎやすくなるでしょう。他にも効果は色々あると思いますが、VR職場体験は総合的に就職活動の手間や負担を軽減してくれると考えられます。

だからこそ企業としても、この部分に力を入れる必要が出てくる時代が必ず訪れるはずです。これからの就活は、合同説明会や企業説明会ではなく、VR職場体験や、ホームページ上での工夫が就活生に対するメインアピールの場になってくるでしょう。

これは大きな企業も小さな企業も同じです。「VRで職場体験できない企業になんて、そもそもエントリーしないよ」なんて就活生が言う時代が訪れるかもしれません。

終わりに

就職活動の現場に、VRや360度カメラが導入されることで企業と就活生のミスマッチは確実に減るのではないかと思います。企業としても、自社や仕事の魅力、大変さややりがいを分かりやすく伝えることができるので、会社アピールの面でも大きな効果を発揮するでしょう。就職活動は人生における大切な選択であるからこそ、現場を判断するための材料は多い方がありがたいですよね。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク