撮った写真はシェアしたい!360度対応をしているSNSとは

筆者:蓮池 ヒロ

最近では、360度カメラの普及に伴ってSNSも360度写真や動画の投稿に対応するようになってきました。
特徴的な360度の映像だからこそ、友人やフォワーに感動や出来事をシェアしたいですよね。

しかし、「SNSの投稿用に360度撮影をしたのに、プラットフォームのSNSが未対応で投稿できない場合があるかもしれません。
メジャーSNSでも、自分で視野を動かせる360度写真や動画には対応できず、平面上に引き伸ばされた写真や動画のみの投稿になることも。

そこで今回の記事は、
・360度写真ってどのSNSに投稿したらいいんだろう
・InstagramやTwitterは対応していないのかな
・友達に360度カメラの面白さをシェアしたい
このようなお悩みを持つあなたに向けて、360度写真や動画に対応しているSNSをご紹介していきます。

360度写真や動画に対応しているSNS

360度カメラで撮影したものを投稿できるSNSとできないSNSが現状はあります。
さらに写真か動画のどちらか一方だけ対応している場合もあります。

それでは360度写真や動画に対応しているSNSをご紹介します。

Facebook

360度写真と動画の両方を投稿できるのがFacebookです。
撮影したものはすぐに公開できるような、分かりやすい仕組みが魅力です。

Facebookはさらに新しい3D写真にもいち早く対応するなど、VR分野のプラットフォームに乗り出す動きがあります。
メジャーなSNSの中では、360度撮影と最も相性の良いSNSと言えるでしょう。

LINE

SNS要素もあるチャットサービスのLINEも一部360度写真に対応しています。
トークで360度写真を送信すると「360度のマーク」が現れてタップすると360度視点を変えられるようになります。

ただし、トーク限定の機能で動画には対応していません。
撮影した写真を友達にすぐにシェアしたいときや仲間内で見せ合う場合などのクローズドな環境で使いやすいのがLINEです。

360度動画は送信しても、「360度マーク」は現れずに固定視点になりますのでご注意ください。

YouTube

SNSとは少し違いますが、動画サービスのYouTubeも360度動画に対応しています。
360度カメラの各メーカーもサンプル動画をYouTubeに投稿して誰でも気軽に見られるようにしています。

撮影のイメージはわからないときは、YouTubeから参考になりそうな360度動画を探すのもおすすめの使い方です。

360度写真や動画に対応していないメジャーなSNS


実はInstagramとTwitterの二大メジャーSNSでは360度写真と動画に対応していないんです。

もちろん、360度カメラやVR分野の伸びに伴って、今後対応していくことは充分考えられます。
さらに対応していないSNSでも擬似的に投稿はできるので、その方法もご紹介します。

Instagram

Instagramで360度写真や動画を投稿しても固定視点になってしまいます。
360度のメリットの視点を自在に変えられることが活かされていません。

しかし固定視点を逆手にとって、広角を活かした魚眼レンズのような写真や中心から外側や画面が引き伸ばされた写真など、工夫次第でより面白い写真に変えられます。

タグ機能も充実しているのがInstagramの特徴でもあるので、人から見てもらいやすいSNSだと言えます。

Twitter

Twitterも360度写真も動画も対応していません。
Instagramと同じく固定視点になってしまいます。

ただしTwitterの魅力は拡散力。
YouTubeに投稿した360度動画のURLをTwitterで宣伝したり、他のプラットフォームへの誘導を行ったり、自身が撮影して投稿した写真や動画を広める役割を担えます。

360度カメラの楽しさをシェアしよう

さて、360度写真や動画に対応しているSNSについてご紹介しました。
現状では、まだまだ対応しきれていないSNSがほとんどです。

その中でもFacebookはVR分野にアンテナを張っているようで、いち早く最新のスタイルの投稿ができるようにアップデートをしています。
投稿場所に迷ったら、まずはFacebookから始めてみるのがおすすめです。

今後伸びていくVR分野の360度カメラなので、他のSNSも随時対応していくことが予想されます。
SNSの投稿も楽しみながら、360度撮影をしてみてください。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク