インスタでよく見る写真も簡単に撮影できる初心者におすすめの360度カメラを紹介

筆者:渡辺 結

360度カメラ一台あれば、海外旅行やトレッキング、結婚式の披露宴や二次会、同窓会、友人を招いてのホームパーティーなどさまざまなシーンでパノラマ撮影が楽しむことができます。

今回は、インスタ映えするフォトジェニックな撮影を楽しめる初心者におすすめの360度カメラをご紹介します。360度カメラの購入を検討している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ワンショットで手軽に全天球の撮影を楽しめる「RICOH THETA V」

最初にご紹介するのは、360度カメラの火付け役となった「RICOH THETA V」本体価格は40,000円代と高額ではあるものの、360度カメラで撮影するのがはじめての人でもワンショットで簡単にパノラマ撮影を楽しめます。撮った写真や映像の処理速度が速いため、大切なシャッターチャンスも逃しません。

また、強度な手振れ補正機能を搭載。ジャイロセンサーを採用しているため、動画撮影中にありがちな細かな揺れも瞬時に検知し、滑らかな映像を撮影することが可能です。

さらに、フルハイビジョンよりも高画質な4K(3840×1920)にも対応し、撮影した映像はテレビにつなげばリモート再生を楽しめます。VRゴーグルを装着すれば没入感のある映像も楽しめるので、写真だけではなく動画の撮影も楽しみたい方におすすめです。

ちなみに、夜景やイルミネーションをメインに撮影する場合は「RICOH THETA S」を使うと、幻想的な写真や映像を楽しめます。

ライブ配信機能搭載! 離れた場所にいる人とも目の前の絶景を共有できる「ハコスコ INSTA360 Nano」

続いてご紹介する「ハコスコ INSTA360 Nano」は、iPhoneに取り付けるだけで手軽にパノラマ撮影ができます。一眼やデジカメで撮影するほどではないけれど、記録として残しておきたいというときのちょっとした写真を撮影するのにおすすめです。片手にすっぽりおさまるコンパクトなサイズなので、上着やリュックのポケットに入れて気軽に持ち運ぶことができます。

コンパクトなサイズながら、フルハイビジョンを超える高画質の4K動画に対応しており、まるでその場にいるかのような臨場感のある撮影が可能。FacebookやTwitter、YoutubeなどのSNSとも連動しており、Insta360 Nano Sのアプリをインストールしておけば撮影した映像のライブ配信が行えます。旅先の美しい海や山、街並みの絶景を遠く離れた場所にいる人にもリアルタイムで共有することができるのです。

スマホに装着するだけでパノラマ撮影ができるAndroid専用「Insta360 Air」

Insta360 Air」は、Android専用の360度カメラ。丸い形の本体には、2つの魚眼レンズが搭載されており上下左右全方位をぐるりと囲んだ全天球のパノラマ写真や映像の撮影を楽しむことができます。

Androidアプリ「Insta360 Air」を使えば、撮影した全天球の動画をライブ配信することもでき、自分が今目の前で見ている絶景を友人や知人、家族、恋人と共有できるのです。

Androidの液晶画面を見ながらシャッターを切れるので、シャッターチャンスを逃したり、被写体がぼけてしまったりという失敗もありません。手軽に360度カメラで撮影を楽しみたいという方は、「Insta360 Air」がおすすめです。

コンパクトで手振れ補正効果に優れた「Insta360 ONE X」

最後にご紹介する「Insta360 ONE X」は、幅48mm高さ115mm厚さ28mmのコンパクトな薄型ボディが特徴の360度カメラです。さらに、バッテリーを入れた状態でも重量わずか115gの超軽量化を実現。専用ケースが付属されているため、持ち運びの際に本体が汚れたりレンズに傷が付く心配もありません。

手軽に持ち運びできるだけではなく、撮影モードやホワイトバランスを設定できるディスプレイが搭載され、バッテリー残量や時刻なども液晶画面で確認することができます。最大5.7Kというハイビジョンを超える高画質での撮影が可能で、手振れ補正機能も抜群です。

自転車に乗りながらの動画撮影はもちろん、メディアに掲載する飲食店のスポット撮影にもおすすめ。専用の防水ケースも販売されており、シュノーケリングやサーフィンなど水中での撮影も楽しめます。

まとめ

いかがでしたか? スマホに取り付けてシャッターを押すだけで手軽に全天球のパノラマ撮影を楽しめるカメラや、「RICOH THETA S」のようにワンショットで360度を撮影できるものまで、さまざまな種類が販売されています。予算や用途を考えて、自分に一番合ったカメラを選んでみてください。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー