【東京エリア】一見の価値あり!幻想的なステンドグラスの撮影が楽しめる教会はここ!

筆者:渡辺 結

ステンドグラスは、光の当たり具合や時間帯によって様々な表情を楽しむことができます。スマホでは物足りないけれど一眼レフやデジカメだと持ち歩くのにかさばる……。

その点、コンパクトな360度カメラなら気軽に持ち運ぶことができ、感動的なステンドグラスの光景を撮影することができます。今回は、「聖イグナチオ教会」や「サレジオ教会」「安藤記念教会」など、ステンドグラスが美しいことで知られる撮影にもおすすめの教会をご紹介します。

カトリック碑文谷教会

最初にご紹介する「カトリック碑文谷教会」は、ステンドグラスが美しいことで知られる教会。東急東横線学芸大学駅もしくは都立大駅から歩いて15分の場所に位置しています。

白とベージュを基調とした教会の中へ進むと、礼拝堂に続く左右の壁には巨大なステンドグラスがあしらわれています。昼間は光を浴びたステンドグラスが教会を明るく照らし、幻想的な雰囲気に。また、天上に広がるステンドグラスも一見の価値あり。クリスマスイブ0時に行われるミサでは、キャンドルライトが灯され言葉を失うほどの神秘的な美しさです。

(詳細)
カトリック碑文谷教会
住所:東京都目黒区碑文谷1-26-24

日本を代表する有名なステンドグラスの工芸家が手がけた作品を展示「安藤記念教会」

東京都港区元麻布の「日本基督教団安藤記念教会」は、創立1917年の長い歴史を持つプロテスタントの教会です。石造りの建物に一歩足を踏み入れると、巨大なステンドグラスが出迎えてくれます。

教会には、ステンドグラスの工芸家として知られる小川三知さんが手がけた色鮮やかなステンドグラスが置かれています。

シーンと静まり返った教会にいるだけで、心が洗われて気持ちが軽くなるような不思議な感覚に。撮影はもちろん、美しいステンドグラスを眺めながら、穏やかな時間を過ごして見るのも良いかもしれません。

(詳細)
安藤記念教会
住所:東京都港区元麻布2-14-16

アンティークのステンドグラスは息を呑むほどの圧巻の美しさ「青山 セントグレース大聖堂」

最後にご紹介するおすすめ撮影スポットは、東京都港区の「青山 セントグレース大聖堂」。東京メトロ表参道駅A1出口から歩いて3分ほどの場所にあります。

教会には、100年以上もの古い歴史を持つアンティークのステンドグラスがあしらわれ、その美しさに思わず息を呑むことでしょう。時間帯や光の当たり具合によって全く違った印象のステンドグラスは、時間を忘れてずっと見入ってしまうほど幻想的な美しさです。

(詳細)
青山 セントグレース大聖堂
住所:東京都港区北青山3-9-14

まとめ

いかがでしたか?  教会のステンドグラスの美しさはもちろん、石造りの外観を撮影も楽しんで見てください。人間関係に疲れて癒されたい時に行くと、気持ちがスーッと軽くなりますよ。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー