【2019年最新版】プロ並みの撮影を楽しめる360度カメラを厳選

筆者:渡辺 結

惑星みたいな写真をインスタグラムなどのSNSで見かけたことはありませんか?

360度カメラという、ボタンひとつでカメラの周りを360度撮影できるカメラで撮影し、専用の編集アプリで加工して作ったものがそれです。

本記事では、そんなユニークな写真を撮影できる360度カメラの最新情報をお届けします!

RICOH THETA V 360度カメラ 全天球

「RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 」は、内蔵メモリーが19GBと超大容量なのに加えて、4K(3840×1920)に対応している360度カメラ。映像も静止画もその場にいるかのような第迫力の撮影を楽しめます。

最大のポイントは、ワンショットで前後左右上下の様子を撮影することが可能。スマートフォンでのリモート撮影もでき、撮影した静止画や映像は専用のアプリで確認することができます。TwitterやFacebookにも投稿できるため、誰が見てもその場にいるかのような感動のVR体験ができるのではないでしょうか?

Go pro fusion

続いてご紹介する「Go pro fusion」は、全天球の撮影が楽しめる360度カメラ。山の山頂から一望できる大絶景、雪景色、桜並木など美しい景色をワンショットで誰でも簡単にダイナミックな撮影を楽しめます。前後上下左右全方位を捉えた感動的なパノラマ撮影が可能です。

さらに、水深5mまでの防水撮影にも対応。水しぶきがあがるボートでも、気兼ねなく撮影を楽しめるのは嬉しいポイント。撮影した写真や動画は、専用のアプリ「Go pro fusion studio」で簡単に編集することができます。

Insta360 ONE X

Insta360 ONE X」は、2018年の10月に発売開始されたばかりの360度カメラ。フルハイビジョンを超える4K動画に対応しています。FlowState手ブレ補正という、高性能な手ブレ補正機能もついていることから、ランニングやサーフィン、自転車滑走中での動きのある映像もブレのない高画質の動画を撮ることができます。ぜひ一度、「Insta360 ONE X」での感動的なバーチャル体験を楽しんでみてください。

Haare 360度カメラ

2枚の魚眼レンズを搭載している全天球のVRカメラ。前後上下左右全方位、地球儀のような臨場感のあるパノラマ撮影を楽しめます。「Haare 360度カメラ」のシャッターをきるだけで、静止画はもちろん高画質のパノラマ動画も簡単に撮影できるのです。

また、スマートフォンに専用アプリをインストールしておけば、パノラマモード、全天球モード、VRモードといった6つの撮影モードでの撮影が楽しめます。Wi-Fiにつなげスマートフォンとアプリを連動させながら、リモート操作も可能。

Nikon KeyMission 360

Nikon KeyMission 360」は、水深30mの撮影にも耐えられる防水機能も搭載している360度カメラです。登山やサーフィン、ラフティング、スキューバダイビングといったさまざまなアウトドアシーンでも活躍。まるでプロのカメラマンが撮影したかのような、神秘的な海の世界も思いのまま。海の中はもちろん、スノーボードやスキー旅行の撮影におすすめです。

まとめ

TwitterやInstagram、 FacebookといったSNSをはじめ、海外のサイトで見かける機会の多くなった地球儀のような丸い写真は、全天球のカメラを使えばワンショットで誰でも簡単に撮影することができます。全天球カメラの購入を検討している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください!

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー