パンダと一緒に自撮り♪360度カメラTHETAならパンダが急に動いても大丈夫!パンダに会える関西の動物園をご紹介。

筆者:市川 弘美

大人からお年寄りまで、大人気の動物といえば「パンダ」。
タイヤをコロコロ転がしながら遊んだり、木の上で枝に寝転がって笹を食べたりする姿は、何とも愛らしいもの。
そんなパンダに会える関西の動物園を2か所ご紹介します。

●神戸市立王子動物園
パンダのエサやりタイムは1日4回のタイミングを逃さずに!
柵が低く、お子様でもそのまま、遊んでいるパンダをまぢかに見ることができます。

●南紀白浜アドベンチャーワールド
全部で6頭のパンダがいる日本でも屈指のパンダ・ワールド。
マリンワールドやサファリワールドも!1か所で様々な動物をお楽しみいただけます。

神戸市立王子動物園

神戸の中心街三宮から2駅4分、最寄り駅を降りると、すぐ目の前が王子動物園です。
門をくぐると、ピンク色をしたペリカンが出迎えてくれます。

左手にペリカン右手にゾウを見ながら間の道を抜けると、パンダの姿があります。
名前は旦旦「タンタン」。一般公募の中から選ばれました。

2000年に神戸に来て、今はタンタン1頭になったので、オスの迎え入れを心待ちにしています。
タンタンが食べているエサの笹は、同じ神戸市内の北区で栽培されているんですよ。
どれも同じように見える笹でも、タンタンには3種類ほどの笹を食べさせているそうです。

エサやりの時間は、開園時間中に1日4回あるので、ホームページで時間をぜひチェックしてくださいね!
3月の終わりから4月の初めには、園内のあちこちで桜が満開になりますので、お花見がてら春の陽気の中ぜひお出かけください。

【神戸市立王子動物園】
〒657-0838 兵庫県神戸市灘区王子町3-1
http://www.kobe-ojizoo.jp/

南紀白浜アドベンチャーワールド

全部で6頭(※)のパンダ・ファミリーが暮らしているのが、ここ和歌山県南部にある、南紀白浜アドベンチャーワールド。

2018年8月に生まれたばかりのメス「彩浜(さいひん)」は、3月下旬に一般公開される予定。母親パンダ「良浜(らうひん)」の愛情をたっぷり受けて、すくすくと育つ様子が見られそうですね。

南紀白浜アドベンチャーワールドには、イルカやクジラのショウが楽しめるマリンワールド、ライオンやキリンが放し飼いされているサファリワールドもあります。ここは、海に暮らす動物、地上で暮らす草食動物・肉食動物、鳥類など、さまざまな動物と出会い触れ合える、動物好きにはたまらない動物テーマパークです。

【南紀白浜アドベンチャーワールド】
住所:〒649-2201 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399番地
電話:0570-06-4481(代表)
http://www.aws-s.com/

※2019年3月20日現在

動物園の撮影は360度カメラTHETAが最適!

春の明るい日差しが降り注ぐ動物園へ、360度カメラTHETAをバッグに入れて、ぜひお出かけください。冬のあいだはゆっくり活動していた動物たちも、温かくなり動きが活発になりますね。
360度カメラTHETAなら、色々な種類の動物たちを1枚におさめることができますよ。背の高いキリンも、広いサファリパークも、高くジャンプするイルカショーも、途中で切れることは、もうありません。動物が急に動いてしまっても、必ず画像におさまります。
THETAで、動物たちのリアルな臨場感あふれるワンショットをお楽しみください。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー