ARで建築。技術が現場にもたらす恩恵と、未来の不動産事業

筆者:阿久津 碧

ARの研究が進む中、様々な分野でその技術が応用されています。不動産や建築分野もその一つです。今回は、建築現場で活躍しているAR技術のご紹介と、ARを導入するメリット、AR建築アプリなどについてご紹介します。

建築分野におけるARの進出

現在建築関連のAR技術は海外の方が進んでおり、実用している例も多く存在します。そんな海外のケースから、建築現場で活躍するARを考察してみたところ、主に2つのシーンが活躍の場所となっていることが分かりました。

建造物の企画や設計

まず活躍の場として挙げられるのが、建造物の企画や設計といったシーンです。特にARはシミュレーションなどでは大いに活躍してくれます。

抱いていた完成イメージを形にしてみたり、仮想的に基礎を組み立てたりもできるので、クリエイターの発想を正確に補助してくれるはずです。

ARが再現してくれるのは建築する建物だけではありません。周囲にある建物や景色も一緒に作り上げることができるので、日差しや高さ、景観などを事前に調べることができます。

建設予定地が更地になっているのであれば、そこに当てはめる形でARデータを作り込むこともできます。つまり、周囲の建物は本物で、ARの建物をそこに擬似的に映し出す形になります。

この方法であれば、絵やCGデータよりも分かりやすく完成図をイメージできますし、問題点があった場合にも気付きやすいでしょう。オーナーやクライアントと完成図を共有できるのも強みですね。

作る側と注文した側のイメージが乖離していることは珍しくありませんが、建物の場合は完成した後で「思っていたのと違った」という話になったら取り返しがつきません。AR技術はそういった人同士のギャップを埋めてくれる手助けもしてくれます。

他にも、建物を売りに出す段階でもARは活躍します。実際の建物を見に行けない顧客に対しても、外観や室内のプレゼンを行うことができるので、リアルに近い情報を提供することができます。

企画や設計という部分から、営業という幅広い分野まで活躍できるARは、建築業界と非常に相性が良いといえます。

実際の施工や、完成した建物の保守

ARが活躍する2つ目のシーンは、建物の施工や完成後の保守といったシーンです。アメリカのMoetenson社では、実際に施工段階でAR技術を使用しました。

使用されたARディスプレイは作業員のヘルメットと一体になっていて、目を覆うパネル型のものです。そのパネルを通して見た視覚映像を、現場にいない人と共有したり、そこから指示を出してもらったりすることができます。

見ている場所の温度を計測してパネルに表示したり、作業工程を写し出したりするなどの機能も搭載し、施工段階でのミスや事故を抑制してくれます。パネル自体も安全ゴーグルとしての役割をもっているので、とても合理的で機能的です。

他には、微妙に長さが合っていない骨組みや、角度が傾いている柱など、人が気付けないようなミスも発見し、警告するシステムを開発している企業も存在します。

人口や土地、建物の規模が日本よりも大きいアメリカだからこそ、この技術が早期に実用化されているのかもしれません。しかしこれは、どこの国のどんな環境でも活躍できる技術なので、近い将来日本でも必ず実用化されるはずです。

AR建築アプリも

ARと言えばアプリをイメージする人もいると思いますが、建築関連のARアプリも海外ではいくつかリリースされています。国内でも「QHOME」というアプリが存在し、密かに話題を呼んでいます。

QHOMEの公式サイトはコチラ

このQHOMEは「広さを体感する」「景色を眺める」「空間を確認する」という3つのことをVR/ARで実現しており、実用的な内容となっています。

AR映像として建物を表示するだけではなく、3Dモデルとして作り出した家の中をVR機能で歩くことも可能です。今後建築業界のARに対する関心が高まれば、国内でリリースされるアプリも増えていくかもしれませんね。

既存物件のリノベーションやリフォームにも

建築業界の仕事は新しく建物を建てることだけではなく、既に存在する物件の改修なども含まれます。リノベーションやリフォームといったものが代表的ですが、AR技術はここでも活躍してくれます。

ARデータであれば細かい変更なども気軽に行えるので、満足いくまで条件を擦り合わせできます。ARが得意な技術者がいれば、臨機応変に様々な家のデザインを提案できるかもしれませんね。

新規の建築だけではなく、老朽化が進んだ建物の再利用に対する需要も増えるこれからだからこそ、活きる技術といえるのではないでしょうか。競合他社と戦う上で、ARの導入が不可欠になる時代が来るかもしれません。

ARヘルメットの普及が期待される建築現場

AR技術が便利なことは既に述べた通りですが、その上ではデバイスの問題を無視することはできません。特に建築現場などではこの問題は大きなネックとなります。高所や危険な場所で、スマホのAR画面を見ながら作業をしていたら、事故の原因になりかねないからです。

そうなるとやはり期待されるのは、ヘルメットタイプのARデバイスではないでしょうか。先程紹介したアメリカの企業でも、ヘルメットと一体型のARデバイスを利用していました。

ヘルメット型であればハンズフリーですし、図面や資料を持ち歩く必要もなくなります。ヘルメット自体も落下物などから身を守ってくれるので、機能的です。IoT化が進んだら、建築業界にはARヘルメットを被った作業員が増えるかもしれません。

終わりに

都心には人口が集中し、地価の高騰や不動産の増加が今後も益々期待できます。一方で、建物を建てることになる「人」の負担やコストを考えると、改善するべき問題も少なくありません。その中で、今後AR技術が日本の建築現場でも取り入れられるシーンが増えてくるでしょうし、そうなれば、多くの利益をもたらしてくれると思います。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク