VR/AR/MRの祭典『コンテンツ東京2019』の魅力と、MRの見所

筆者:阿久津 碧

2019年の4月に開催された『コンテンツ東京2019』では、様々なVR/AR/MRのコンテンツが出展されました。今回はその概要や見所、魅力などを徹底的にご紹介していきます。

『コンテンツ東京2019』とは

2019年の4月3日(水)から5日(金)の二日間、10時~18時までの間開催された『コンテンツ東京2019』は、日本最大級のコンテンンツビジネス総合展です。

コンテンツ東京HPhttps://www.content-tokyo.jp/ja-jp.html

その名の通りコンテンツ制作や映像、CG制作、グラフィックデザインや権利取引など、最新テクノロジーに関する展示が行われました。

会場は東京ビッグサイトの西展示棟で、法人も個人も注目の展示作品が目白押しとなっています。

MRゲームに関する展示も

『コンテンツ東京2019』では、最新MRゲームの展示も行われました。MRとは、「Mixed Reality」の略称で、複合現実のことを指します。

VRやARと比べてあまり聞き覚えのない言葉ですが、ARの進化版というふうに考えると分かりやすいかもしれません。ARの場合、現実の世界に仮想的な風景映像を重ねることはできますが、その映像の後ろに回り込んだり近づいたりすることはできません。

MRはそれを可能にした技術で、位置情報などを調べることで、より自由に仮想現実を楽しむことができるようになっています。

MRの面白さはそれだけではありません。ARとは違い、3D映像を複数人で共通して楽しめるようになっています。そのため、敵を倒したり目標を達成したりするゲームと非常に相性が良いのです。

現実の映像を完全に遮断しない点ではARに近い性質を持っていますが、位置情報に合わせて視界が変化する部分はVRにも通じています。

そんなMRに関連する出展ですが、コンテンツ東京2019では、シューティングゲームという形で登場するようです。展示を行うのはDataMesh株式会社で、期間中は「VR・AR・MRワールド」に展示されることになります。

出展ブース番号は3-24で、注目すべきはゲームのコントローラーです。今回の展示ではモデルガン型のコントローラーを使うことになったのですが、これは世界初だそうです。

HokoLensを装着することで、目の前に敵のロボットが現れます。プレイヤーはモデルガンの先端に搭載されたセンサーを利用してビームを放ち、現れた敵を倒していきます。

人対人ではなく、ロボットを相手にしたゲームなので、グロテスクなゲームが苦手な人でも安心して遊ぶことができます。開催期間中は実際にゲームをプレイすることもできました。

今までも似たようなシューティングゲームは存在したかもしれませんが、考えてみるとMRでは初めてかもしれませんね。MRの没入感を更に加速させるコントローラーでのゲーム体験はとても面白そうです。

その他のMR展示

その他にも自動車工場・電線組立工程トレーニング・観光産業向けデモなど、多岐にわたる業界に対する展示事例が行われました。

MRによって再現された自動車の製造工程

実際の自動車メーカーに導入されている製造工程をMRでリアルに再現した映像を楽しむことができます。この技術は既に一般に用いられているもので、工場見学やカーディーラーでの販促、新人研修といったシーンで活躍しているそうです。

工場見学などの用途であれば、自動車工場に限らずお菓子工場、ビール工場など、様々な分野でも利用できる汎用性の高い技術です。リアルな映像で楽しむことができるからこそ、実際の工場を見学するのとはまた違う、臨場感を楽しむことができるはずです。

新人研修なども同様です。入社して間もない社員を危険な製造現場に送り込むのは躊躇われるという企業もあるかもしれません。MR映像で十分に現場を理解した上でのことであれば、事故が起こる可能性も大幅に下げられるのではないでしょうか。

従業員向けトレーニング

こちらも実際に電力会社に導入実績のあるMR映像で、従業員向けのトレーニングデモを行うことができます。この3D映像では電線を組み立てるトレーニングを体験することが可能で、仕組みや方法などを体感的に学ぶことができます。

実際に触れたり動かしたりするような感覚を味わえるMRだからこそ実現した技術で、様々な角度から対象物を観察できる点も、トレーニングという目的に即している気がします。

「文章や口頭の説明では限界がある、伝わらない。だけど実際に作業に携わらせるのはまだ危険だ」という要望にもマッチする方法だと思います。

マーケティングに関するプロモーションデモ

MRはマーケティングの面でも活躍します。前述した自動車製造工場の3D映像もカーディーラーでの販促に役立てられていましたが、テーマパークでMRが導入された例もあります。

アトラクションの設計や、園内の案内やプロモーションなど、MRがテーマパークで活躍できるシーンは無数に存在します。それ以外にも、旅行業界でMRが利用されることも期待されています。将来的には、旅行会社に行くとリアルな観光地MRを見ながら旅先を決めることができるようになるかもしれませんね。

上記の展示以外にも『コンテンツ東京2019』では様々なテクノロジーを見たり体験したりすることができました。マーケティングや研修に悩んでいる企業から、ゲームが好きな個人まで、多くの人が楽しめる内容となりました。

終わりに

今回『コンテンツ東京2019』で見られるような展示作品の一部は、世の中に普及するまでにはまだ少し時間がかかるようなものもあると思います。裏を返せば、展示内容から、未来のVR/AR/MRの様子が予測できるかもしれません。進化し続ける技術の最新状況を垣間見ることのできる本展示は、マニアにはたまらない内容となっているはずです。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク

特集記事

theta
VR関連データ・統計
VR オフィス
VR インタビュー