迷ったら買うべきなのはこの4つ!カメラ好きがおすすめする360度カメラ

筆者:渡辺 結

360度カメラと一口に言っても、半天球や全天球、4K動画対応、防水性に優れたものなど種類はさまざま。そのため、360度カメラは欲しいけれど一体どれを買えばいいのか分からない……という人も多いのではないでしょうか。今回は、そんなあなたにぜひおすすめな360度カメラをご紹介します。

手ぶれ補正機能がパワーアップ「Insta360 ONE X」

Insta360 ONE X」は、2018年10月に発売された360度カメラです。「Insta360 ONE」に続く最新モデルで、手ぶれ補正機能がさらにパワーアップ。

旧モデルの「Insta360 ONE」では、スマートフォンのカメラ部分に装着すれば、誰でもワンショットでパノラマ撮影ができる手軽さから初心者を中心に人気を集めていました。しかし、撮影した写真や動画がピンボケする手ぶれ補正機能が懸念されていたのです。

新たに登場した「Insta360 ONE X」は、超強力な手ぶれ機能を搭載。足元の悪い山道でも、ブレのない鮮明度の高い写真・映像を撮影することができます。幅48mm×高さ115mm×厚さ28mmの超コンパクトで薄型のボディで、パーカーやパンツのポケットに入れてもかさばらず携帯性も抜群。バッテリーを入れても115gと超軽量なので、旅行先やアウトドアでも気軽に持ち運んで撮影することができます。

ワンショットで誰でも手軽にパノラマ撮影が楽しめる「RICOH THETA V」

内蔵メモリーが19GBと超大容量で、4K(3840×1920)、30fpsのフルハイビジョンに対応しています。映像も静止画も透き通るような鮮明な撮影を楽しめるのです。

高画質な撮影機能はもちろんのこと、「RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー」の最大のポイントは一度のシャッターで前後左右上下の様子を360度まるっと撮影できるところ。スマートフォンでのリモート撮影も可能で、撮影した静止画や映像は専用のアプリでプレビューできるのです。また、TwitterやFacebookにも投稿できるため、誰が見てもその場にいるかのような感動のVR体験ができますよ。

「RICOH THETA V」と「RICOH THETA S」の比較については、下記の記事をご覧ください。

比較記事:どれを買えばいいのか分からない! RICOH THETA比較

地球儀のような全天球撮影が可能「Haare 360度カメラ」

Haare 360度カメラ」は、2枚の魚眼レンズを搭載した全天球カメラ。前後上下左右をとらえた、地球儀のような臨場感のあるパノラマ撮影を楽しめるのです。「Haare 360度カメラ」のシャッターを一度着るだけで、静止画と動画を簡単に撮影することができます。

また、スマートフォンに専用アプリをインストールしておけば、パノラマモード、全天球モード、VRモードなど合計6つの撮影モードでの撮影が可能。さらに、Wi-Fiに接続するとスマートフォンとアプリを連動させながら遠隔での操作もでき、液晶画面で被写体の動きや構図を確認しながら丁寧な撮影ができるのです。ちなみに、アプリはiPhoneとAndroidの両方に対応しています。

フルハイビジョン対応「Insta360 Nano」

持ち物はあまり増やさずiPhoneで手軽にVR動画の撮影を楽しみたい! という方には、「Insta360 Nano」がおすすめです。iPhoneに装着すれば、いつも自分が使い慣れているスマートフォンで手軽に、臨場感のあるパノラマ映像の撮影ができるのです。

総重量72.6gと超軽量でありながら、ビデオ解像度は3040×1520、静止画の解像度が3040×1520のフルハイビジョンに対応しています。iPhoneの液晶を確認しながら撮影ができるため失敗が少なく、撮影した映像が静止画は、スマートフォンで簡単にに編集やSNSへの投稿も可能。

その場にいない人までそこにいるかのような疑似体験ができるのです。また、撮影した映像は付属のVRゴーグルをはめれば、リアリティ満載のVR体験も楽しめます。

360度カメラは恋人や友人へのプレゼントにもおすすめ

ここでは紹介しきれませんでしたが、NikonやXiaomiなど魅力的な360度カメラはまだまだたくさんあります。この記事を参考に、360度カメラを選んでみてください。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク