360度カメラの楽しみ方は無限大?撮影したデータをVRで体験しよう

筆者:阿久津 碧

360度カメラは通常のカメラとは違い、撮影シーンを360度どの方位からも記録することが可能です。近年だんだんと注目度や人気が増しているカメラですが、その楽しみ方は撮影することだけに留まりません。その他の楽しみ方の一つとして、VRが挙げられます。この記事では360度カメラで撮影したデータをVRで楽しむ方法や、VRに対応した360度カメラなどをご紹介していきます。

360度カメラの概要

360度カメラを使ってVRを体験する方法をご紹介する前に、360度カメラの概要について説明していきます。360度カメラは全天球カメラとも呼ばれ、基本的には2つの超広角レンズを使って360度全方位を撮影するカメラのことを指します。

レンズが2つのカメラでは、撮影した2枚の画像を繋いで1つの全天球画像になるという仕組みです。

静止画の撮影に特化したものや、静止画と動画のどちらにも力を入れているカメラなど、カメラ自体の特徴は機体によってかなり違うので、自分がどんな撮影をしたいのか、目的を意識しながら選ぶと良いでしょう。

現在の360度カメラ市場では、4Kや8Kといった高画質で撮影ができるものや、今回ご紹介するカメラのようにVRに対応した3D撮影が可能なもの、撮影機能が多彩なものなど、様々なカメラが存在します。

バッテリーやデータを記録するストレージに関しても内蔵されたタイプのものや、外部のものを取り付けられるタイプなどがあります。連続撮影可能時間や、どれくらい容量があるのかなどは購入する前に必ずチェックしておくべき項目です。

様々な種類の360度カメラが販売されていますが、そのカメラの魅力は何と言っても全方位をまるごと写すことができる点にあります。絶景などを目にした際、誰もが一度は目に映る全てを記録として残したいと思ったことがあるのではないでしょうか。

そんな欲望を叶えてくれるのが360度カメラです。全天球画像を見るだけで、その場所の雰囲気や記憶なんかがよみがえってくる、そんな写真を撮影できるだけではなく、VRとして体験できるのも360度カメラの大きな魅力です。

VR対応の360度カメラ

360度カメラ市場が盛り上がる中、VRに対応している全天球カメラは続々と発売されています。VRが普及している影響を強く受けている印象がありますが、気軽に自分が撮影したデータをVRで楽しめるという点は非常に魅力的です。撮影した写真や動画を見せるだけでなく、VRを使って体験として共有することで、想い出もよりダイレクトに伝えられるのではないでしょうか。

RICOH THETAシリーズ

リコーが販売している360度カメラの定番ともいえるTHETAシリーズですが、基本的な機能を網羅的に備えた優秀なカメラなので、万人に勧めることができます。コンパクトなデザインや、手軽に全天球イメージを撮影できる点はもちろん、SNSとの親和性が高いのも特徴です。

機種によって4Kでの撮影やライブストリーミングにも対応しており、撮影モードも充実しているので様々なシーンで楽しむことができます。THETAシリーズは公式のアプリケーションも充実しており、お手持ちのスマートフォンと連携することで、更にTHETAの力を引き出すことができます。

基本アプリでは撮影モードの変更や設定、各SNSへの共有や、撮影データをVRで再生することなどが行えます。編集に特化したアプリもリリースされており、撮影後、自由にデータを編集することができます。ビューの変更が一番の特徴で、「リトルプラネット」や「ミラーボール」といった画像を変形させる加工ができる他、フィルタ機能やスタンプ・テキストの追加などが行えます。

アニメーションなども簡単に作成することができるので、それだけでも多くの楽しみ方がありますね。価格帯も最近発売された「THETA Z1」を除いて比較的購入しやすい金額なのもありがたいところです。

GoPro Fusion

高性能のアクションカメラで有名なGoProも全天球カメラを販売しています。このカメラは2018年の4月に発売され、5K/30fpsという美しく、ダイナミックな映像を記録することができるのが特徴です。価格は7万円台と高めの設定となっていますが、その値段を出してもいいと思えるくらい、こちらも高性能なカメラとなっています。

美しい画質も大きな特徴ですが、「GoPro Fusion」は手ブレ軽減性能にも特化したカメラです。ジンバルと呼ばれるカメラを固定する自撮り棒のようなアクセサリーを必要とせずに、手ブレをしっかりと抑えることができます。多くのアクションカメラを販売しているGoProですから、様々な撮影シーンに合わせて、どんな状況でも綺麗な映像を撮れるよう力を入れたのではないでしょうか。

「GoPro Fusion」にも基本アプリケーションが存在し、映像のプレビューや再生、ビデオ作成の他、共有などを簡単に行うことができます。アプリケーション内のツールの中には編集に特化した「OverCapture」というものがあり、撮影した360度映像を簡単に切り取ることができます。360度映像を楽しむことができる上に、その中で特に気に入った箇所があれば切り取って一部分だけの映像として記録することができる、一石二鳥なカメラと言えます。

他のカメラと異なるポイントとして、防水性能が備わっていることが挙げられます。360度カメラは防水性能が備わっていない製品が多く、水中で撮影するためには専用のハウジングケースを購入する必要があります。「GoPro Fusion」は水深5mまで水中撮影が可能で、雨天時はもちろん、海やプールなどでも撮影が可能です。

Insta360 ONE X

海外製の360度カメラの中ではダントツで人気のあるInsta360シリーズですが、「Insta360 ONE X」は2018年10月に発売された比較的新しいカメラです。従来のInsta360シリーズに比べて、画質や使いやすさ、機能の拡張にさらに力を入れた製品となっています。

新機能には「ハイパーラプス」「バレットタイム」「ドリフトショット」といったものがあります。「ハイパーラプス」は、移動しながら撮影した動画の再生速度を自由に調整できる機能です。「バレットタイム」は高画質でスローモーション撮影ができる面白い機能です。「ドリフトショット」は、専用のアクセサリーを用いてカメラを投げながら撮影するという、なんとも斬新な機能で、勢いのある映像を撮影することができます。

「Insta360 ONE X」も手ブレ軽減性能に力を入れていて、さらには独自のアルゴリズムで自撮り棒を映像内から消すなどの驚くべき機能を持ち合わせた凄腕のカメラです。

360度カメラでVRを楽しむ方法

360度カメラでVRを楽しむ方法は実に簡単です。VRに対応しているカメラで撮影するだけでVRを体験する準備は完了です。その他に必要なのはスマートフォンと、VRビューアーだけです。今回はRICOHのTHETAシリーズを例に、VRで鑑賞する方法をご紹介します。

THETAでVRを体験するには、前述したようにVRビューアーとスマートフォンが必要になります。VRビューアーはTHETA専用のものもありますが、市販品で問題ありません。

THETAのVRビューは非常に簡単です。スマートフォン上で、撮影した作品の下に「VRビューで見る」という表示があるのでそこをタップするだけでVR表示に切り替わります。VRビューアーを使用する際には、画面右下のメガネマークをタップします。VRビューアーはスマートフォンと接続することで簡単にVRを体験できるようになります。

動画を再生する場合には、RICOH THETA S基本アプリのインストールが必要です。作品をタップして動画を再生し、画面下にあるマークをタップしてVRビューを選択します。

このように、VRを体験するためにはVRビューアーが必要ですが、スマートフォンなどの端末と接続するだけで簡単にVR体験ができるのはとても魅力ですね。撮影した映像を最大限楽しみたいという人にはぜひオススメの再生方法です。

終わりに

今回ご紹介したカメラ以外にもVRに対応した360度カメラはたくさん販売されています。価格帯も様々ですし、製品を販売する企業によってもカメラの特徴はそれぞれです。画質や、静止画・動画、機能性など、自分が重視したいポイントに特化したカメラを思う存分探すのがいいでしょう。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク