360度カメラを使ってGoogle認定フォトグラファーを目指そう

筆者:阿久津 碧

360度カメラには様々な利用方法がありますが、その一つにGoogleへの写真アップロードという使い道もあります。ストリートビューに写真を投稿すると、Google認定フォトグラファーに認定されるのですが、せっかく全天球画像を撮影できるカメラを所有しているなら、そういったものを目指してみるのも面白いですよね。今回はGoogle認定フォトグラファーの概要やなり方の手順、条件などをご紹介していきます。

Google認定フォトグラファーとは

そもそもGoogle認定フォトグラファーとはどのような存在なのかということについてまずはご紹介します。といってもそれ自体はその名の通りで、Googleが認定した写真家のことを指します。

ただし写真であればなんでもいいというわけではなく、ストリートビューに特化した写真をアップロードする人に限定されます。その知識と撮影技術がGoogleに認められると、晴れてGoogle認定フォトグラファーとして活動できるのですが、なんといっても注意しなければいけないのは、ストリートビューに特化しているという点です。

ストリートビューをご覧になったことのある方であればご存知だと思いますが、ストリートビューは360度画像、つまり全天球画像となっています。そのため、Google認定フォトグラファーを目指すのであれば、必ず全天球カメラを準備する必要があるのです。

認定フォトグラファーになるための条件

認定フォトグラファーになるためには、闇雲に全天球画像をアップロードするだけではいけません。公式ページにも認定条件やヘルプ、FAQなどが公開されているので、まずはそちらを参照してみてください。

大まかな流れとしては、まずGoogleアカウントを取得します。これは必要事項を記入すれば難なくクリアできるでしょう。それが完了したら次に、ローカルガイドへと参加しなければいけません。

ローカルガイドというのは、Googleマップ上にある店舗や施設に口コミを投稿したり写真を共有したりするサービスで、ストリートビュー写真の投稿もローカルガイドを介して行うことになります。

Googleのブラウザやマップの利用者も、ローカルガイドの口コミを参考にしたり質問を投げかけたりするので、有益な情報を提供することができれば多くの人の役に立てるでしょう。

ここまで完了したら、後は実際に全天球画像を投稿していくだけです。写真の投稿はストリートビューアプリから直接行うことができるので、認定フォトグラファーを目指すのであれば必ずインストールしておきましょう。

写真の投稿自体はアプリからだけでなく、マップ上からも行えるのですが、承認の確認はアプリからしか行えない仕様となっています。アップロードする写真には様々な条件があり、大きく分けて「画質」、「結合」、「適切さ」の項目に分けられています。

・画質

一定以上の画質やアスペクト比、画像の隙間やズレ、閲覧の妨げになる効果やフィルタが適用されていないかなど。

・結合

結合された全天球画像に視線を妨げるものが写り込んでいないか。室内では1メートル、屋外では3メートルおきに撮影が行われているかなど。

・適切さ

写真に写る人や場所に掲載許可はとっているか。地理上の正確な位置に画像が配置されているか。攻撃性や違法性を含んだコンテンツでないかなど。

上記は一部で、全ての条件は以下のページから確認することができます。

「外出先で臨場感あふれるストリートビュー写真を作成してみませんか。Google マップにご協力ください。」

条件を満たした写真を50枚以上アップロードされて承認されると、Google認定フォトグラファーの対象者となります。アップロードから数日は審査期間となるので、すぐに認定されるわけではありませんが、特に問題がなければバッヂが付与され、晴れてGoogle認定フォトグラファーとなれます。

ストリートビューアプリにはTHETAも対応

Google認定フォトグラファーを目指す上で重要になってくるのは機材ですが、日本のリコーが販売している全天球カメラ「THETA」はGoogleストリートビューアプリに対応している機種なので、とてもオススメです。

THETAシリーズは先日最新モデルの「THETA Z1」が販売されたことで、エントリーモデルからハイエンドモデルまで網羅したばかりですし、自分の予算や写真のレベルによって機種を選べるのも魅力です。

ただし、THETAから直接アップロードすることもできるのですが、撮影を行う度にダウンロード作業が必要になるので、複数枚の写真をまとめて撮影・アップロードするのには不向きです。

一枚だけ直ぐに公開したいという場合を除いて、専用アプリからまとめて撮影することを推奨します。撮影作業は屋外で行い、編集作業とアップロードは自宅で行うというのが最も効率的かもしれませんね。

THETAは外部メモリではなく内部容量に依存している機種なので、大量に写真を撮影する場合には出先でメモリ不足になることもあります。ただ、携帯端末へのインポートは場所を問わずに行えるので、もしもいっぱいになってしまったら、喫茶店やベンチで休憩などしながら、転送作業を行いましょう。

注意点として、撮影作業にしても転送作業にしてもバッテリーの消耗はある程度避けられないので、モバイルバッテリーなどを持ち歩きながら、可能であれば給電しつつ作業するのがオススメです。

三脚や自撮り棒で撮影を効率化しよう

ストリートビューの写真を撮影するのであれば、三脚を導入することで格段に効率が上がります。プライベートな写真とは違い、ストリートビューの写真には自分が写り込んではいけません。

人が入り込んでしまった場合、顔をぼかすなどして編集をしなければいけないので、手間を考えるなら他の人も可能な限り写り込まないのが理想です。その上で、カメラを単体で固定することのできる三脚の利用は必須といえるでしょう。

撮影場所に、三脚に固定したTHETAをセットして、自分は物陰などに隠れてからスマートフォンを介してシャッターボタンを押せば、簡単に無人の全天球画像を撮影することが可能です。

せっかくTHETAそのものがコンパクトなので、三脚も携帯性に優れた小型で軽量なものを選ぶようにしてみてください。家電量販店だけでなく、最近はインターネットのショッピングサイトなどでも安価な三脚が販売されているので、予算と用途に合ったものを見つけられるはずです。

ただし風が強い場所などでは三脚が煽られて倒れてしまうこともあるので、とにかく軽ければいいというわけではありません。可能な限り実際の商品を触って、安定感や使用感を確かめるようにしてみてください。

どうしても三脚を立てられない場所などでは自撮り棒などの先にTHETAを固定して、手持ち撮影を行いましょう。無理に三脚を立てようとしてカメラを傷つけてしまっては、楽しい撮影の気分が台無しになってしまいます。

終わりに

せっかく美しい写真が撮れたのであれば、多くの人に見てもらいたいですし、その写真が誰かの役に立ったらとても嬉しいですよね。旅行や写真が趣味の人であれば、好きで撮影していた写真をアップロードしていたら、いつの間にかGoogle認定フォトグラファーになっていたということもあると思います。そんな様々な輪がきっかけで、自分が知っている素敵な場所、美しい場所を、顔を知らない世界の誰かにもオススメできたら、360度カメラの楽しみ方も益々広がっていくかもしれませんね。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク