手術の様子を360度カメラで撮影。医療の進化を支えるサービス

筆者:阿久津 碧

医療現場のリアルな様子や手術の映像を記録・配信するのに360度カメラは非常に適しています。断片ではなく空間を切り取れる上、VRなどとの親和性も高いからです。離れた場所や別の時期に映像を確認しても、高い没入感で手術の様子を見ることができるそんなサービスが登場しました。

手術映像配信サービス「Medical Realties」

「Medical Realties」は実際に行われた手術の様子を配信するサービスです。開発企業は医療関係の学習アプリ開発なども手掛けており、今回のサービスも高い注目を集めています。

Medical Realitieshttps://www.medicalrealities.com

撮影にはハイエンドモデルの360度カメラが用いられており、美麗な映像で手術の様子を記録することができます。撮影された映像をそのまま見てもいいですが、VRなどの機器と組み合わせることで、より高い没入感を味わいながら映像を体験することもできます。

カメラは患者の上部にセットされており、手術の様子を見下ろすような形で工程を観察することができます。主な利用者として想定されているのは医学生や医療関係者となっており、座学や参考書からは学びきれない部分をカバーしてくれるのではないかと期待されています。

映像をライブ配信することもできるので、リアルタイムで行われている手術の様子を観察することもできます。現場に出て医療を学ぶ以前に、こういった選択肢が用意されることで、段階的に知識を深めていくことができるのではないでしょうか。

医療現場で活躍する360度カメラとVR

今回ご紹介したサービスの他にも、医療現場や病院で360度カメラが利用されている例は多数存在します。

病院内部の様子を360度カメラで公開

施設内を360度カメラで撮影し、その様子をホームページやインターネット上で公開しています。フロントの雰囲気や施設の清潔さ、広さを事前に知ることができるので、患者さんの病院選びに役立てることができます。

日頃は見ることができないリハビリ訓練施設や入院病棟を公開している病院もあり、長期入院を控えている人にとってはありがたいサービスとなっています。病気を治すことが第一ですが、そのためには快適な施設で過ごすことも不可欠です。

そんな患者のニーズに寄り添ったサービスとして、導入している病院が着実に増えています。インターネットが生活に根付いた現代において、今後はこういったサービスを整えていく病院が今以上に増えていくかもしれません。

手術の練習にVR

VRを用いて手術の練習を行うこともできます。ARなどと組み合わせる例もありますが、Medical Realitiesのように、ただ手術の様子を観察するのとはまた異なる発見があります。

治療の難しい病気や難易度の高い手術、経験の浅い医師の育成などにもVRは役立つ可能性を秘めています。今後は360度カメラで撮影した手術映像と組み合わせたサービスも出てくるかもしれません。

手術を行う医者も一人の人間ですから、こういったコンテンツを活かしながら自信を育めるといいですね。

全天球の胃カメラ

360度を撮影することができる小型の胃カメラが海外では登場しています。これまでは胃カメラというと「口に入れるのが気持ち悪い」、「受けるのが大変」といったイメージがありましたが、今後はその認識も少しずつ変わっていくかもしれません。

飲み込むだけで完結するカプセル型の胃カメラが普及すれば、検査は5分で完了します。診断結果が出た後、カメラは排泄物と一緒に体外へ排出されるので、身体の中に残る心配もありません。

日本ではまだ普及していませんが、今後コスト面での課題がクリアされて更に性能が改善されれば、健康診断の負担も今とは比べ物にならないほど小さなものになるかもしれません。

体内をVRゴーグルで見る

以前当サイトの別の記事でもご紹介しましたが、移植した内臓をVRゴーグル越しに見るというサービスがあります。

「臓器に対する意識を変える。ゴーグルで見る命と、医療現場のVR – Wrap」

腎移植を受けた患者とドナーの両方が移植後の様子を見ることで、臓器に対する意識や、健康に対する思い、意識を持ってもらうということが目的とされています。医療従事者だけでなく、患者側も360度カメラやVRの恩恵を受けられるというのは非常に有意義なことだと思います。

固定カメラ以外の選択肢も

Medical Realties以外にも、医師がデジタルサングラスを着用し、そこに組み込まれた小さなカメラで手術の様子を撮影するという例も出ています。

Shafi Ahmedという外科医が、実際にそのサングラスを着用して手術を行い、映像をライブストリーミングするという試みを行いました。

「Why Doctors Are Using Snapchat Glasses in Operating Rooms | Time」

SNSなどのプラットフォームを用いれば、こういった映像を誰もが簡単に、そして気軽に見ることができるようになるでしょう。それは多くの医療従事者を繋げるきっかけにもなりますし、当然医療の発展にも大きく役立つはずです。

他にもヘッドセットと3Dホログラムを組み合わせて擬似的に手術に参加するなど、未来的な光景も実現した例が海外では出ています。360度カメラやVRといったものは医療との相性が特別に良いのでしょう。しかしそれ故に、心配なこともあります。

それは患者さん側のプライバシーです。考えて見ると、手術の映像が世界中の人に見られるというのはどうなのでしょう。私の個人的な意見を言うのであれば、あまり気分の良いものではありません。顔は隠れていたとしても、プライバシーが完璧に守られるという保証はありませんし、手術する部位によっては恥ずかしい気持ちになるかもしれません。

当然それらの映像は医療映像として、真面目な用途で用いられることは分かっています。しかし誰もが見ることのできる場所に置いてしまうことで、そういった目的を持たない人にも見られる可能性が浮上してしまいます。

折り合いの付けどころは難しいところですが、撮影前には患者の同意を得たり、プライバシーに対して徹底的に配慮したりすることが大切になってくると思います。このサービスの台頭で、これまでとは比べ物にならないほど、飛躍的に医療が進歩することは間違いありません。

だからこそ、違う角度から見たときに圧力をかけやすいものであってはならないとも思うのです。日本での導入はまだ先の話になるでしょうが、本格的に取り入れられた際にはそういった面にも十分に配慮していかなければならないでしょう。

医師を訴訟のリスクから守る

手術映像の記録は、医師やオペ看護師を訴訟のリスクから守る役割も果たしてくれます。医療従事者は常に訴訟のリスクを抱えています。医療過誤を疑われて職を追われるケースも珍しくありません。

手術など、命が直接的に関わるシーンでは特にそういう危険性をはらんでいます。そんなときでも、手術映像は客観的な証拠として機能してくれます。存在しなかった医療過誤を疑われたり、裁判を起こされたりした場合でも、現場の医師や看護師を守ることができるので、自衛の意味でも導入する価値は十分にあると思います。

教育の面でも有用ですが、大きい病院やスタッフを大勢抱えている病院こそ、手術室に360度カメラを導入するべきかもしれません。これまでも術野カメラシステムはありましたが、オペ看護師や麻酔科医など、これまでのカメラでは映りにくかったスタッフの動きも記録することができるので、より正確な状況を記録することが可能になるでしょう。

終わりに

症例の少ない病気や難易度の高い手術の映像は、少しでも映像として記録して、そのデータを役立てることが医療の発展に繋がると思います。これまでは遺体で行われていた医療訓練なども、360度カメラやVR技術が進化することで、よりリアルに、これまで以上の緊張感をもって臨めるようになる時代が訪れるかもしれません。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク