360度カメラのInsta360シリーズに親指サイズのカメラが登場

筆者:阿久津 碧

技術が進歩する中でカメラも高画質化や小型化が日々進んできています。スマートフォンに内蔵されているカメラなども、考えてみれば小型カメラと言えます。そして今回、そんなカメラの小型化に、360度カメラで有名なInsta360シリーズも乗り出しました。中国企業が打ち出した最新型の小型カメラは、何と親指サイズだそうです。注目のその機能を徹底的に見ていきましょう。

新型カメラは親指サイズ

Insta360が新しく打ち出した最新型のカメラは、冒頭でも述べた通り親指サイズの小型機種です。「Insta360 GO」と名付けられたこの製品は、2019年の8月28日に発表されており、既に同日からECサイトや直販サイト、量販店などで予約受付を開始しています。

サイズは49.4×21.4×14.85mm となっており、まさしく親指サイズ。それだけの技術力を小さなボディに詰め込みながら、価格は2万3,800円とデジカメと同じくらいに設定されているのも驚きです。

公開されているデザインを見ても、かなり小型であることがお分かりいただけるのではないでしょうか。丸みを帯びたデザインは手に馴染みやすそうで、近未来的ですね。一見してUSBフラッシュメモリと同じくらいのサイズで、カメラだと気付かない人も多そうです。

この「Insta360 GO」は日常の何気ないシーンを気軽に撮影することを目的としており、直感的で平易な操作性と割り切った性能が特徴的です。動画も静止画も撮影可能で、一度のタップで最長30秒間の動画を撮影することができます。長時間の録画には向かないかもしれませんが、偶然見かけたシーンなども素早く撮影できるので、シャッターチャンスを逃しません。

重さが18.3グラムしかないので、旅行に持って行ったり、身体に取り付けて使ったりしても邪魔になりません。しかもハウジングケースなどを用いずともIPX4の防水性能を備えているので、雨天や水中での撮影も可能です。

IPX4の防水性能について同社の発表では「水しぶきや雨の中、浅い水中で10秒間撮影できる」と発表しているので、雨天だけでなくサーフィンや水上スキーなどの、マリンスポーツのお供としてアクションカメラ的な用途にも使えるかもしれません。

バッテリーは本体への内蔵式で、充電の際には付属の充電ケースを使用することになります。満タンに充電した場合、およそ200クリップ(1クリップは約20秒)の撮影が行える計算となっているので、出先でバッテリー切れの心配もありません。

更に充電ケースそのものにもバッテリーを搭載しており、約2.5回分の充電が行えるので、充電を忘れて出かけてしまっても安心です。容量に関してもバッテリー同様本体依存型となっており、8GBが組み込まれています。動画の撮影を頻繁に行うのであれば小まめなデータ移動が必要になるかもしれませんが、本体の大きさや価格を加味すれば十分及第点と言えるのではないでしょうか?

アクセサリーを使用して機能を底上げ

「Insta360 GO」はそのままでも優れたカメラですが、様々なアクセサリーを取り付けることで、その性能をより高めることができます。本体購入時に付属するのはネックレス型の「磁石ストラップ」や、カメラを立てた状態で固定することのできる「ピボットスタンド」、「簡易クリップ」というクリップ型の固定アイテムなどですが、これらのアイテムを使いこなせば、色々な撮影を行うことが可能です。

アクセサリーに関しても、利用シーンのサンプルなどと共に写真が公開されており、汎用性の高さが垣間見えます。マラソンやスポーツの他に、猫の首輪に装着されている写真もあり、使い方を模索するのも楽しそうです。

身体や荷物に取り付ければ旅行や結婚式のビデオを撮る際にも邪魔にならないですし、ワンタップで撮影を開始できるので面倒に感じる暇もありません。アクセサリーの他にも、多彩な撮影機能で動画編集をサポートしてくれます。

「インターバル」、「タイムラプス」「ハイパーラプス」、「スローモーション撮影」、「バレルロール」など、これまでのInsta360シリーズに搭載されていたモードも健在です。アクセサリーを駆使して撮影したダイナミックな映像を、編集でスタイリッシュに作り変えれば、誰でも簡単にプロ顔負けの動画が撮影できます。

これまでのInsta360との違い

「Insta360 GO」には、その大きさ以外にも他のシリーズとの違いが存在します。最大の違いとしては、360度撮影に対応していないという点が挙げられます。Insta360といえば全天球カメラというイメージが強いですが、本機は根本からその流れを覆す機種となっています。

単体での防水性能やアクティブシーンを想定したアクセサリーを見ても、どちらかと言えばアクションカメラ寄りのスペックに感じられます。同社が得意としている強力な手ぶれ補正「FlowState」が「Insta360 GO」に備わっていることも、その印象を強くさせる要因かもしれません。

そういう意味では、360度カメラを求めている人や、これまで同社が発表してきたようなカメラを予想している人には合わないかもしれません。反面、小型アクションカメラを求めている人や、これまでのInsta360とは違うことを把握した上で惹かれている方には、相性の良い機種と言えるでしょう。

GpProを意識しての発表か

これは邪推かもしれませんが「Insta360 GO」はGoProを意識して製造、販売された製品のように思えなくもありません。GoProといえばアクションカメラの印象が強いですが、「GoPro fusion」など、昨今は360度撮影に対応したモデルも徐々に登場しており、アクションカメラという垣根を超えてきています。

「Insta360 GO」はそれに対抗した動きのように捉えることもできるのではないでしょうか。もちろん真相は分かりませんが、アクションカメラユーザーのリアクションを見るのも面白そうです。また、これを受けてTHETA(株式会社リコー)など、360度カメラを手がける他社がどのような反応を示すかにも注視したいところです。

用途にマッチするならば購入するべき

「Insta360 GO」は発売早々大きな話題を呼んでいますが、総括すると、かなり魅力的なカメラなのではないかと思います。4K撮影に対応していないというネックはありますが、この点は本体の小ささと、それに付随したセンサーサイズの小ささから鑑みれば必然と言えるでしょう。むしろ撮影モードやアクセサリー、本体の小ささはセンサーサイズの小ささを差し引いてもメリットと考えられます。

アプリではテーマ毎の動画や写真を自動編集してくれたり、音楽に合わせた映像作りをしてくれたりと、撮った後の使い勝手も抜群です。長い時間の動画は基本的に撮影しない人や、アクティブに使いたい人、何より重いカメラを持ち歩きたくない人には間違いなくオススメなカメラです。

ハンズフリーで扱えるので、取り出す面倒も持ち運ぶ大変さもありません。一眼レフやミラーレスの重さに辟易している人にとっては、夢のような機体です。簡単に楽しい映像を撮影できるこの商品、間違いなく2019年の目玉になりそうな予感がします。気になる方はお近くの家電量販店などで実機に触れてみてはいかがでしょうか?

終わりに

Insta360の製品や試みについては当サイトでも度々取り上げていましたが、小型の広角カメラで、しかも360度撮影対応ではないモデルというのは恐らく初めてではないでしょうか。これまでに多くの360度カメラを打ち出してきた同社がどうしてこのタイミングで小型カメラの発表を行ったのか。そしてそれに対してユーザー側がどのような反応を示すのか、色々なことから目が離せませんね。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク